2014年6月30日 (月)

「イベリコ豚を買いに」

Photo知人に勧められて読んだ「イベリコ豚を買いに」は、ノンフィクションの食に関する紀行ではなく、事業開発屋の私にとっては、新規事業開発のビジネス書でした。

農水産物領域での新規事業開発を考えている人には、是非ビジネス視点で読んでいただきたい1冊です。

内容紹介(Amazon.co.jpより)
謎だらけのイベリコ豚を追ってスペインへ! 「本当にどんぐりを食べているのか?」「イベリコという町はどこにあるのか?」「安売りセール肉は本物か?」……。 レストラン、スペインバルはもとより、今やコンビニ、回転寿司でもごく普通に売っているイベリコ豚。高級食材として知られているはずのものが、いまや日本全国で手に入るのはなぜか?そもそも、イベリコ豚はそんなに沢山いるのだろうか? 著者はそんな素朴な疑問をいだき、取材を始めた。日本人が知らないイベリコ豚の「真実」を明らかにすべくスペインを目指した著者。幾多の困難を乗り越え、現地に辿り着いた著者を待っていたのは、驚きの連続だった。……。 ローマ時代の遙か昔からスペインで幻の豚を守り育ててきた熱き男たち。そして素晴らしい生ハム作りに命を捧げる職人たちとその家族のドラマを紡ぎながら、知られざるイベリコ豚の生態、そして食肉流通事情を解き明かしていく。さらになりゆきでハム作りにも携わることになり……。 多様なジャンルをテーマに、多くの傑作ノンフィクションを世に出してきた著者がスペインと日本を舞台に描く、読み応えのある食ノンフィクション。

ひょんなことから、作家が、イベリコ豚に入れあげ、イベリコ豚を輸入し、商品化し、販売するまでを描いているのですが、素人がビジネスを作り上げるまでのプロセスや絶対にはずせないポイントまで、見事に描かれている点が、ビジネス書として読むのに面白いです。

私のように実際に商品開発をし、マーケットに出すまでをやっている人間からすると、当たり前のポイントが多いのですが、専門領域だからこそ知らない点もいろいろと出てくる。

生鮮食品、しかも肉という領域で商品を作って販売するとなると、こんなことまで考えないとダメなのね

という点が新鮮。

しかも、すべての事業開発に言える点を、すばり指摘しているのも、この本の面白いところです。

例えば、精肉店が生き残る戦略について。

デリカとして生き残る道。卸売に活路を見出すケース。量販店への転換。

この3つを戦略としてあげ、そして、それで生き残るケースがあがっています。

先日、化学品メーカーの生き残り戦略についてお客様先でお話したのですが、それと非常に似ています。(若干異なるけれど)

事業開発をする際に考えなければいけないポイントが、”肉”という現場でも変わらない。

そして、仕事の本質をついている。肉を仕入れることだけでなく、試作品づくりを何度も繰り返し、味を安定させて量産する方法を考えだし、税関の手続きを考えて…(以下略。本書を読んでください)と様々な作業が発生してくることについて語っているところでは、次のような文が出てきます。

仕事の本質とはアイデアや新製品を考えつくことではない。アイデアを製品にするために日々行う地味な作業とそれに関わる関係者の連作、打合せである。(P198より)

事業開発もまったく同じです。が、アイデアがないと事業開発は始まらない。スタートはアイデアで、そのあとは極めて地味なプロセスが続き、それをやり遂げるところからのスタート。そして、多くのケースが(事業開発の成功率は5%前後と言われている)失敗に終わる。

それの積み重ねなんですよね・・・

第8章の「プロと素人」は、ビジネスを遂行していく人間として、噛みしめて読んでもらいたいと思いました。

引用したいところがこれだけたくさんある本に出逢えて、とても嬉しいです!!

気になる方、是非チェックしてみてください。

2014年1月 7日 (火)

七草粥


七草粥をいただきました。

年末にアレルギーがたくさん出たので、七草をしっかり下ゆでしてからお粥に混ぜ込みました。

野菜は基本的に熱を加えれば、たんぱく質が壊れるためアレルギーを起こしにくいと先生から教わったためです。

また、玄米をやめて、白米にしたのは、玄米は金属アレルギーが出るから。
遅延型アレルギーですから、2週間後くらいに「えーっと、2週間前何食べたっけ?」と悩むのを避けるためです。

アナフィラキシーショックを何度か起こしていて、怖いとう気持ちはありますが、そして、金属アレルギーで食べない方がいいモノはあれこれとあるのですが、そこまで食べ物制限したくないので、絶対ダメとわかっているもの以外は、なんでも挑戦です!

2013年8月 8日 (木)

(Food)YUKIZURI

1375954802591.jpg面白い名前のお菓子を頂きました。

「行きずり?」と思ったら、「雪吊り」でした。

調べてみると…

ウェブサイトには、以下のように書いてありました。

石川県を代表する「兼六園の雪吊り」。
辻口パティシエが、この雪吊りをイメージし、前田家の梅鉢紋から能登の梅をはじめ、卵・塩・米など地元の食材をふんだんに使い、フランス伝統菓子のサクリスタンをヒントに焼き上げました。縄に積もった雪に見立てたシュガーの中に、ほのかに香る梅の味をお楽しみ下さい。

中にチョコレートが入っているので、金属アレルギーの皆様、お気をつけてくださいね。私は体調がまぁまぁ良かったので、一口食べてみちゃいました。

その後、どうなるかは、2週間後にわかります。最近、体調がいいと、口にいれるケースもあり。2週間後に、後悔することも多々ありますが。

ほのかに梅の香で、ホントに不思議なお菓子です。

2013年8月 4日 (日)

(Food)キャラメル・パフェ

1375954913588.jpgあまりにも暑い……。

人並みに、パフェを食べたい……。

カフェ マルコリーニで、キャラメル・パフェを食べました。(上に乗っているチョコレートは、幼馴染が食べました)

キャラメルは、金属アレルギーの私でも食べられるモノ。

見えにくいのですが、右奥は、洋梨です。そして、網状のものは、キャラメルで作られています。

涼やかな気分になれました~

選べば、これだけアレルギーがあるけれど、外食も平気でできます。

2013年7月20日 (土)

(Food)土用の丑の恒例行事

1374399013675.jpg毎年、土用の丑の前後に行くのが、東京タワーのすぐそばにある「五代目 野田岩」。

今年も行ってきました!

今年はうな丼ではなく、コースにしてみました。

お通し・一口志ら焼・鰻重(肝吸、香の物、箸休め付)・デザートというメニュー。

お通しは、さっぱりしているにこごり。

1374399025578.jpgこの後、一口白焼きが出てきて、わさびとお塩で、これもさっぱりといただきました。

写真撮り忘れて、食べるのに熱中!happy02

鰻重には、肝吸、香の物、箸休めの大根おろしがついてきます。

私にはちょっと量が多かったかな!?

年に1,2度しか鰻は食べないので、とっても満足♪

1374399028296.jpg今年はデザートもついています。

ブドウをキレイにブドウの形にならべた、梅のゼリー。

見た目もキレイ。しかも、つるんっと喉を通り過ぎて行って、気持ちいいです。

今年は去年ほど暑くなく、待つのも辛くなかったのですが、やっぱり、こういう冷たいものが最後に出てくると、気持ちが涼やかになります。

1374468678052.jpg毎年うちわを頂いています。

今年は鳥でした。

今までお花ばかりだったので、鳥は珍しいです。

今まで貰ったうちわを並べてみました。

4年前から貰い始めたのですが、最初は朝顔、次は百合、そして、藤。

どれもお花がテーマでした。

今年は、四十雀!

1374399039861.jpg帰りに、麻布十番まで歩いて、浪花家総本店の鯛焼きをゲット。

泳げたい焼き君だ~♪

しっぽまでびっしり餡子が入っています。

皮がぱりぱりで、美味しい~~

たくさん食べた1日でした。

これで、暑さを乗り切ろう!!

2013年4月17日 (水)

(Event)Grahm's Cafe プレオープニング

1366186749536.jpg

京橋にできた東京スクウェアガーデンのプレオープニングに呼ばれて、伺いました。 1366186762473.jpg

私の知人が出したお店、Grahm's Cafeです。 1366186790033.jpg 1366186811488.jpg 1366186823830.jpg 1366186848231.jpg

美味しいお料理とワインで内覧会!! 個人的にはサーモンが抜群に美味しかったです。ケッパーを使ったソースが絶妙で、口の中のあらゆる神経を刺激してくれました。 1366186865733.jpg

こちらはロスで有名なチョコレート、コンパーテスショコラです。 ニッケルアレルギーには禁忌なチョコですが、ちょっぴり味見しちゃいました。(薬飲んでおきました。←ただの馬鹿) チョコレートラバーズの皆様、美味しかったです。 京橋にいかれた時には、ぜひおよりください!!

2013年4月16日 (火)

(Health)金属アレルギーの包丁問題

金属アレルギーの人がすごく悩む、包丁。

私もすごく悩んでいます。

Photo_6京セラのセラミック包丁が、一般的に使われているものだと思うのですが…

私も京セラのセラミック包丁、ファインレジェンドを最初使っていました。

しかし… ちょっと硬いもの、たとえば、カボチャとか、を切ると、刃こぼれする。

6800円くらいするものなのですが、「6000円が~~」と、料理しながら、叫ぶことになります。
#ざっくり減価償却して計算したら6000円くらいの頃に起きる事件

刃こぼれすると、やはり、こぼれたものが料理に混ざってしまうのが怖いので、もれなく、食材も捨てることになります。

で、ちょっぴり安い、カラーキッチンシリーズの方(って言っても、5000円台ですが)を何本か使って、出した結論。

セラミック包丁は使えないっ!!!

ヨーロッパでは、2009年6月1日からRegistration, Evaluation, Authorisation and Restriction of Chemicals(REACH)の中で、ニッケル含有量が制限されたので、これを信じ、ヘンケルスのヨーロッパで売られているステンレス包丁を使うことにしました。私の場合は、仕事でヨーロッパに行くことが多いので、現地で包丁を買えるので、2009年6月以降に製造されているかどうかのみをチェックしています。で、今は、それを使っています。

REACH対応に関しては、ホントに信じていいのか分からないし、ニッケルは遅延型のアレルギーだから、2週間後くらいにぱらぱらと出てくるので、「もしかして2週間前の○○が原因かしら?」と頭を悩ませることになるので、包丁が直接の原因だったかどうかは、はっきりとは分からないです。常に微量は包丁から取ることになっちゃうんだろうけど、という割り切りも必要だと思っています。

それと、鍋やフライパンは熱を加えるものなので、ニッケルが流れでやすいのですが、包丁で切るものは冷たいので、ニッケルは流れ出にくいから、そこまで厳密に頑張らなくってもいいんじゃないかっていうのが、担当医の先生と出した結論です。

で、念のため、ステンレス包丁で切った野菜は、洗ってます。ビタミンが流れ出ちゃうけど~と、心の中ではつぶやいています。

Photo_7そして、手術用のステンレス鋏を愛用しています。手術用のステンレスは、サージカルステンレスなので、ニッケルが流出しないようになっています。たしか3500円くらいでネットで買いました。こんなものまでネットで買える時代で良かった~♪

これで、ちょきちょき、葉物をはじめ、トマトまで切っています。

料理している姿は人に見せられないけれど、まな板を使う必要もないので、まな板を出して片づけることもないから、時短だし、洗う必要がないので、手にも優しい。

我ながら頭がいいぞっ!と、悦に入りながら、ちょきちょきやっています。

それでも、さすがに、カボチャとかスイカとかは、鋏で切れません。

そういうものは、ビニール袋に入れて、落下させます。すると、かなりの確率で、いいサイズに割れてくれます。

もちろん、見栄えは超悪いです。でも、自分で調理しちゃって食べるんだから、見栄えはきにしなーい♪

カボチャはカボチャスープに変身することが多いのですが、それは、見栄えが気にならないメニューだからですね(。・w・。 )

「頭は生きている間に使え」とは、うちの母の口癖ですが、私なりに、包丁問題をなんとか解決しているように思います。

ご参考まで。

2013年2月 3日 (日)

(Food) 恵方巻き

Houmaki 金茶寮の加賀百万石巻きの豪華金箔にくらくらしてしまって、節分なので、恵方巻きを食べました。

これを食べたらご利益ありそう!?

と、下心いっぱい。

しかし、ニッケルアレルギーのため、海苔は厳禁。

恵方巻きにはすべて海苔がついているので、この海苔をキレイに剥がして、中身だけをうまく食べようと、ナイフとフォークとお箸を使い、解体作業にはいりました。

金にはアレルギーがないので、できるだけこの金粉も食べたい!と思い、最初はつまようじで、それではうまく取れないので、今度はピンセットを持ってきて、一生懸命、1枚ずつ金箔を剥がしてみました。

解体した写真を載せようかなぁと思ったのですが、あまりの不細工さに、写真を撮るのを躊躇してしまったほど。

海苔がぺったりしっかりとくっついていたので、お米をボロボロ剥がすことになり、でこぼこしていて、それに、ちぎれまくった金箔をがんばってくっつけて、なんとなく元恵方巻きという形をキープしながら、南南東を向いて、無言で恵方巻きを食べる。

見た目はちょっと悪いけど、季節のイベントをこうやって楽しめるのは、やっぱり嬉しいです。

ニッケル・アレルギーが分かってから、本当に食事制限が大変で、いろいろとあきらめることも多かったのだけれど、ダメなものをうまく取り除きながら生活できることが、自分の工夫次第でできるなとわかってきたら、あれこれ挑戦してみたくなってきました。
#ニッケル・アレルギーは遅延型で、アナフィラキシーショック状態を起こしにくいというのもありますね。

2013年1月27日 (日)

(Food)プリン食べ比べ

20130127_130126新宿伊勢丹にプリンの専門店があり、全国からえりすぐりのプリンを販売しています。

その中から3つ選んで、プリンの食べ比べ♪

8年ほど前に、半年にわたる入院生活をしていたことがあるのですが、4か月の絶食を経て点滴をはずして食事をし始めたときに、食べられた数少ない食品が、プリンとアイス。

以来、私の中では、大事な食べ物になっています。

プリンの話に戻ると。。。

この中の1つに、なんと寒天を使っているものがあるとわかり、ラベルは注意深くチェックするほうなのですが、食べる前にわかってよかった~~ 

寒天は海藻なので、ニッケル・アレルギーの人は要注意!!

そのプリンは食べ比べからはずし、2つを食べ比べてみました。

ハードを売りにしていた男子向けプリンはちょっと硬すぎですが、甘すぎずほろ苦い味が大人向け。とろける半熟プリンは、私にはとろけ過ぎで、ちょっと甘味が強くて、この中間がいいなぁ~なんて思ってしまいました。

伊勢丹にいろいろ売っているので、プリン好きな人は、ぜひチェックしてみて!

2013年1月26日 (土)

(Food)やさい屋めいのにんじん尽くし

20130126_13144320130126_131458インテル時代の同僚が、誕生日祝いをしてくれました。

今回いったのは、やさい屋めい

「にんじん尽くしご膳」を選びました。

金属アレルギーがあるので、こちらで普通に出てくる黒米のごはんは食べられないので、お願いしてみたところ、白いご飯を私のためだけに焚いてくださいました。

「たくさん焚いたので、どんどんおかわりしてください!」とおっしゃっていただけて、すごく嬉しかったです。

なかなか分かってもらえないことが多いお店が多いなか、事前に細かくアレルギーで食べられないものを聞いてくださってそれをお食事からはずしてくださるのは、とても労力がかかることでしょうに、「できるだけご協力します」とおっしゃっていただけて、本当にありがたいです。

にんじん尽くしは本当ににんじんばっかりで、こんなににんじんを使ったお料理方法があったのね、と、驚くばかり。

一番おいしかったのは、にんじんをキムチっぽくあえたものでした。

これで、ごはん何杯も食べられちゃいそう! 

ぴりっとしているのですが、辛すぎず、あとをひいてしまいます。

ごはんは一膳でおなかいっぱいになってしまうほど、ボリュームのあるランチでした。

Mちゃん、お祝いありがとう!!

より以前の記事一覧

秋山ゆかりについて

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想