2013年5月 7日 (火)

(人)リチャード・ストールマンとの思い出

1猛烈な勢いで、自宅を片付け中。

写真はすべてデジタル化し、紙を処分しようと、大量スキャンをしている最中に、発見!

GNUの神様、リチャード・ストールマンの通訳をした時に、撮った写真です。

当時は、まだネット業界でバリバリ(?)仕事をしていた頃で、まさか十数年後にビジネス界へ転身しているとは、まーったく思っていなかった21歳の私です。

14歳でMacを買ってもらい、コンピュータの世界にはまり、その後は、NeXTユーザー。ホワイトNeXTを自慢げに使っていました(研究費で購入(汗っ))。

その後は、SGIのワークステーションを買ってもらって(これまた研究費)、ワークステーションの前で寝泊まりするようになってしまいました(笑)

IBMがノートパソコンをはじめて出したのもこの頃で、ノートパソコンを調達し、スペックが悪いとばらして、別のパーツをつけて、クッション材を入れてガムテープでとめるという無茶苦茶なこともやっていました。

19歳からNCSA Mosaicの開発の仕事をしていたので、仕事、勉強、仕事、勉強と、勉強と仕事の区別もつかなくなるくらい、ラボに籠っていた思い出ばかり。

コードのミスで、プログラムを暴走させて、全大学のネットワークを落としたときには、雪の降る中、「どっかに消えろ!」と放り出されました。(全米のネットワークを落としたのですから、その責任は重いのですが…)

今となっては、いい経験です。

そんな頃、私にとっては神様だったリチャードの通訳に抜擢されたときには、嬉しくて、涙が出ました。

憧れの人と仕事ができる。

そういうピュアな気持ちを思い出させてくれる一枚の写真が出てきたので、大事に残しておきたいです。

これからも、憧れの人たちと一緒に仕事ができるように、毎日自分の限界に挑戦する仕事の仕方をしていきたいと思いました。

2011年9月16日 (金)

【音楽】私がスミ・ジョーを尊敬しつづけるわけ

韓国出身のコロラトゥーラ・ソプラノのスミ・ジョーさんを私が尊敬しつづける理由は、その素晴らしいテクニック(音をあてにいくところや、固いところはやっぱりよくないとは思いますが)、忘れ去られていた曲を復活させてくる学習力だけでなく、プロフェッショナルであり続けることを、実践されているからです。

最近のニュースで流れたことで、やはり私はこの人は素晴らしいと、私もこの人のようなプロフェッショナルになりたいと、思いました。以下、ニュースからの引用です。

しかし彼女は、すぐに「大きなことを成し遂げるならば、見えない犠牲が常に続くもの。わたしはそれを犠牲だとは考えない」としっかりと口調で答えた。

スミ・ジョーは「実は、これまでの苦しみは羅列できないぐらい多かった。しかし、そのすべてのことを一言一言話したら、お粗末なもの」とし、「私がこの場に上がるために克服しなければならなかった状況は、愛するファンたちと観衆たちは知らなくてもいい。ただ私は美しいプリマドンナとして残りたい。陰で懸命に努力してきたことは、お見せしたくない」と語り、プロフェッショナルな表情をみせた。

私も体調がどれだけ悪くても(女子は女子なりのいろいろなトラブルがあるのです)、プライベートでどれだけ大変な問題が起きていても、這ってでも舞台に立つし(それでプログラム投げられないくらいのレベルに仕上げる努力はしてるつもり)、仕事にも行ってきたけれど、スミ・ジョーさんを目指して、さらにがんばろう。そう思える記事でした。

2011年8月24日 (水)

【人】政治家な人たち

Cimg1409Cimg1410自民党本部で谷垣総裁や石原幹事長にお目にかかりました。ミーハーなんで、写真お願いしてしまいました(笑)

政治家な人たちは周囲にも何人かいるのですが、なんだかいつもバタバタしていて、ホントに深く掘り下げて物事考えてるのかなぁ〜なんて思うこともよくあるのですが、そして、最近自民党って何してるんだろう?と思っていたのですが、意外とまじめなことをやっていて、びっくり。

この後、別室でディスカッションの場があったのですが、震災復興を含め、ホントにきちんと考えている人は考えているのだから、それを早く実行して欲しいなぁ〜と心から思いました。

くだらない足の引っ張り合いではなく、こういうまじめなことをきちんとPRすればいいのになぁ〜なんて、思ってしまいました。

さて、これから政権はどうなるのでしょう!? その前に、円高なんとかならないんでしょうか...

2011年7月23日 (土)

レシピ診断

最近周囲で話題のレシピ診断。自分の名前と体重を入れると、どんなレシピでできているかを教えてくれる、ちょっとブラックジョークなサイトです。

私も早速やってみました。

秋山ゆかりのレシピ

1. 雑誌 34 kgとチョコレート 6 kgに信用という名の調味料と芸術のいう名のスパイスを加えます。
 
2. 下ごしらえは要りません。
 
3. 次に16分間180℃の油で揚げます。
 
4. 最後に隠し味として幸福を少々振りかけて、適当に盛り付ければでき上がり!!

備考

  秋山 ゆかりが手に入る所:駅前の屋台

 お値段 (一人前):7149万円

面白過ぎますscissors

2010年8月 5日 (木)

【食】monolithでご飯

Photo昔の同僚でフレンチ食べ歩きで有名な森正夫妻とmonolithでご飯しました!

森正さんおススメのお手頃フレンチということで、どんなコースだろう!と、わくわく。

フレンチのフルコースに行くのはホントに久しぶり。ここ最近、全国を飛び回る生活で、新幹線や飛行機の中でお弁当を食べていたりして、なかなかゆっくりお食事なんて出来てなかったから、ホントにわくわく。

森正さんの奥様は、前からいろいろお話を伺っていたのと、テレビや雑誌でもお見かけしていましたし、友人の佐々木かをりさんのところのお仕事をされているということで接点はあるのですが、なかなかお目にかかれていなかったので、やっとご本人にお会いできる!と、こちらもわくわく。

晶子さんは赤坂動物病院の副院長をされている方で、動物虐待と幼児虐待の共通点についてお話されたのですが、最初は何か関係あるの!?と思ったのですが、動物虐待のある家は幼児虐待やネグレクトをしているというお話は納得。そういうところで予兆が見えるんですね... それにしても、最近ニュースになっている幼児虐待には心を痛めます。

お食事はとっても美味しくて、中でも鮎を使ったお魚料理が素晴らしかった! メインのうずらも美味しかったのですが、鮎は本当に珍しい上に美味しくって、本当は8月のメニューではないそうですが、好評だったので8月も鮎にしているそうです♩

美味しいご飯、楽しい友人とのご飯。ホントに癒されますね。。。

ごちそうさまでした〜〜

2010年7月 6日 (火)

ベラ・メイヤーさんにお目にかかって… 

シャガールの孫娘、ベラ・メイヤーさんが、東京芸術大学大学美術館で3日より始まった絵画展『シャガール-ロシア・アヴァンギャルドとの出会い』のために来日されていらっしゃいます。

イリノイ大学の後輩の加茂さんが、知人ということで、彼女を囲む会に行ってきました。

シャガールは、若いころからとても好きなアーティストで、特に、ものすごく大変な時期でも「愛」を与える作品を作り続けたいと強い信念を持って描き続けたことと、その不思議な色使いに魅せられてしまいました。

今回は、メットの魔笛のデッサンなどが多数出ているので、絶対に期間中に行くつもりです。

ベラさんは現在フラワーアレンジメントのお仕事をされているのですが、「アーティストの血は受け継がれるか?」という質問に対して、「若いころから絵を描くことが大好き。母親もアーティストだったし、やはり環境もあって、アーティストは受け継がれるのではないかと思う」とおっしゃっていました。

こんな素敵な会を実施してくださった加茂さんに感謝!です。


2010年5月28日 (金)

言霊 ~ソロコンサート実現に向けて~

最近、部下が「言霊」という言葉をよく使うので、すっかり、その言葉にはまっています。自分が念じて言っていれば必ずかなうということなのですが、ホントにそうだなぁ~と思います。

4月29日に及川音楽事務所の新人オーディションで特別賞を頂いたことが分かり、そのときに、今年後半はコンサートに出る、ソロコンサートをやる、ということを一生懸命言っていたら、1ヶ月もしないうちに、6つのコンサートが決まり、そのうちの1つは、ソロコンサート!! 

以前からお付き合いのあるパソナさんが倶楽部PASONAを格安で貸してくださること、今回の及川音楽事務所のオーディションで最優秀新人賞1位を取った赤松由佳さんに出会えたことで、ピアノ曲も充実したプログラムを作れること、など、いろいろな要因が重なって、お話がどんどん膨らんでいきました。そして、10月10日(日)午後3時~表参道の倶楽部PASONAでソロコンサートを行うことになりました!!

言霊って本当だなぁ~~

自分の思いを言葉にして、それを人にぶつけていくことで、自分の夢ややりたいことが叶っていくって、素敵です。

部下に感謝♪ 

2010年2月17日 (水)

中川右介さんとのお食事会

昨年末に「巨匠(マエストロ)たちのラストコンサート」のレビューを書き、そこに著者ご自身が書き込みをしてくださったことから始まったクラシックジャーナル編集長の中川右介さんとのデジタルなお付き合い。

お食事会を企画するも、中川さんがお食事会当日に新型インフルでダウン。その後は私とのスケジュール調整がつかず、なかなかご飯が実現できなかったのですが、今日、やっと実現しました!

場所は青山の某所。中川さんのオフィスから程近いということで、場所が決定。もともとは、後2名加わる予定でしたが、皆さんご都合が悪く2人でのご飯となりました。

まず、会うなり私が「サインください~」と本を出す(笑)。ほとんど、ファンと著者の対談状態。かなり奇妙なシーンだったのではないでしょうか!?

中川さんからは、とても意外なプレゼントをいただきました。

Images 「世界で一番おもしろい経済地図」。昨年「へぇ~」と思って読んだ本なのですが、こちらもなんと中川さんの著書だとか!とってもびっくりです。

3月に歌舞伎の本が出るそうで、出たらくださるとか。わくわくしてしまいますね~~ 私は歌舞伎は専門ではないので、あまりいいコメントはできそうもありませんが。

話はクラシックばかりではまったくなく、なぜか「ガラスの仮面」と「ドラえもんをイタリアでみると…」という話が盛り上がり、双方、おたく度の方向性が似ている点も確認しました(笑)

無事、お食事会が実現できて、よかったです!


2010年1月24日 (日)

異業種競争戦略

Photo_2BCG時代のメンターだった内田和成さんから、11月に送られてきた「異業種競争戦略」を読みました。今頃読み終わるとは、不義理ですね...

途中まで読んでいたのですが、読んでいる最中に、仕事で悩むことがあり、メンターだった頃の和成さんに言われたことをメモしたノートを読み直し始めてしまいました。そして、なかなか、本に戻ることができず、年を超えてしまいました。

当たり前ではあるのですが、その頃の和成さんと私、そして、今の和成さんと私では、おかれているシチュエーションが全然違うので、当時言われたことは、100%当てはまらないのですが、根底に流れているメッセージは同じものがあったりして、改めて、和成さんの下で働けてよかったと、そして、メンターまでしていただけて良かったと思ったのでした。

内容(「BOOK」データベースより)
新しいルールをつくれ!成熟市場で始まった顧客の奪い合い。それは、業界という枠組みを越えた戦い―“異業種格闘技”であり、ビジネスモデルの戦いである。この新しいタイプの競争構造を「事業連鎖」で読み解き、新たなビジネスのルールを確立するための手法を提示する。

この本の感想を一言で語ると、デコン(「デコンストラクション経営革命」 私がBCG在籍中は、結構よく使われていたコンセプト)をさらに一歩深めたという感じ。デコンがベースになっているからか、第三章くらいまでは、使い古されているものをまた使っているなぁ〜という感は否めませんが。

私が一番勉強になったのは、最後の章。リーダーとしてこの時代にどうあるべきなのか?は多くの人が語っていますが、そして、BCG卒業後、素晴らしいと呼ばれるリーダーの元で働いてきましたが、自分としてのリーダー像をどうやって作って行くのかは、誰もが悩む道ではないかと思います。

事業を成功させ続けるために、どのような心構えで仕事に取組めばいいのか。それを提言しているのではないかと思いました。

和成さん、レビュー遅くなり大変申し訳ありませんでした。


2010年1月22日 (金)

心遣い~佐々木かをりさん

久しぶりに、お仕事の関係で、佐々木かをりさんと2:2という少人数でお会いしました。

年に何度かは、パーティーや国際女性ビジネス会議などの場ではお会いしているのですが、ここ最近は、イーウーマンも立ち上げのころとは違い落ち着いた経営になっており、私がほとんど関与しなくなったというのもあり、少人数でお目にかかる機会はぐっと減っていました。

仕事の話はもちろんですが、改めて、佐々木さんがすごいなぁと思ったのが、お誕生日カードを用意されていたこと。本当は花束を用意しようと思っていたとおっしゃってくださったのですが、職場へその後行くというお話しを電話でしていたのを思い出し、カードにしたそうです。近々誕生日が来るのですが、覚えていてくださったことに驚きました。ずいぶん近くでお仕事をさせていただいた時期もあり、結婚式ではスピーチをしてくださいましたし、ご存知でいてもおかしくは無いのですが、これだけお忙しい方が、ずっと年下の私に対しても小さなことも忘れないお心遣いが非常に素敵だと思いました。

最近、お習字を習い始めたのですが、先生がいつも心遣い、丁寧に生きるということをおっしゃいます。私もそれを体現して生きていきたいと思う瞬間でした。

佐々木さん、ありがとうございます。


より以前の記事一覧

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想