音楽

2014年9月26日 (金)

2015年2月7日コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ」のご案内

Photo来年、2015年2月7日(土)午後1時半~虎の門にあるJTアートホールアフィニスで数学をテーマにした自主企画コンサートを行います。

子供の頃から数学が大好きで、理系(情報科学・統計学で学位取得)出身だからか、自分が演奏している曲の中に、フィボナッチ数列、ピタゴラスの定理、白銀比に黄金比などが使われていることに、とってもワクワクしていました。

そして、数学に魅せられて音楽に応用していく作曲家の気持ちに自分を重ねることで演奏をしたり、音楽を聞いたりして楽しんでいました。

しかし、実は多くの方が、音楽を演奏している人も、そして聞いている人も、美しい数学が美しい旋律を作っているということを知らない!! ということに最近気づきました。

そこで、「へ~~、この曲にこんな数学が使われてたんだ~~」とちょっとでも数学にも興味を持ってもらえる音楽会を企画しました。

いつも私の無茶振りに付き合ってくれるピアニストの北村真紀子さんとウィーンから戻られる予定のピアニストの浅野桜子さんと一緒に、音楽の中に隠れている数学についてご紹介し、その美しい旋律を楽しんでいただきます!

また、数学は実はマジックのトリックのネタとしても使われています。そこで、今回取り上げるフィボナッチ数列やピタゴラスの定理などをネタにしているマジックもあわせてご紹介したく、マジシャンの上口龍生さんをゲストとしてお呼びしました。同じ数学ネタをマジックと音楽の両方で楽しんでいただけるようなコンサートです。

日時: 2015年2月7日 午後1時開場、午後1時半開演
場所: JTアートホールアフィニス(東京・虎の門)

チケット: 4000円(全席自由)
出演: 秋山ゆかり(ソプラノ・企画)、北村真紀子(ピアノ)、
     浅野桜子(ピアノ)、上口龍生(マジシャン)
演目:  ストラヴィンスキー オペラ「放蕩児の遍歴」より「トムからは何の便りもない」、
     チャイコフスキー オペラ「スペードの女王」より「ああ、私は悩み疲れた」、
     メシアン「地と天の歌」より「VI.復活」、
     バルトーク「ミクロコスモス」、
     ベートーヴェン ピアノソナタ第17番「テンペスト」より第一楽章 など 

      (都合により曲目が変更になる場合があります)

主催: 株式会社Leonessa
後援: 公益財団法人 日本数学検定協会


チケットお申込み先: info@leonessa-corp.com
(お名前、チケット枚数、チケット送り先住所、ご連絡先emailアドレスおよび電話番号を記載の上、メールにてお申込みください)


2014年7月 6日 (日)

情報コミュニケーション学会で講演&演奏

Photo_4Photo_3 明治大学で行われた情報コミュニケーション学会の招へい講演で「ビジネスを支える芸術思考」についてお話させていただきました。

フクロウがお出迎え~

明治大学は何度も来ているのに、マスコットキャラクターのめいじろう君を知りませんでした。

 

Photo_2講演の後、ミニコンサートをさせていただきました!

椿山荘のレストランが入っていて、ものすごくおしゃれなところです。

ピアニストは、いつもお願いしている北村真紀子さんです。

今回は、グラナドス作曲 組曲「ゴイェスカス」より「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」、アーン作曲「クロリスへ」、ドリーブ作曲オペラ「ラクメ」より「鐘の歌」を演奏させていただきました。

とても楽しい学会でした!

2014年5月19日 (月)

Cahier de Chant とっても楽しく終了しました!

5月18日に八重洲ホールで行われた「Cahier de Chant」でロッシーニの猫の二重唱((Duetto buffo di due gatti)を茅野みつるさんと演奏しました。

Neko2_2素敵な猫ちゃん、私と遊んで♪ と、毛づくろいをしていた猫1(茅野さん)にじゃれまくる。

が、無視されまくって、泣きまくる猫2(私)。

Neko3

 

あまりに泣いて、そして、遊んでくれないと怒りまくってる猫2を見て…

猫1は思案。

「そうだ!アレをあげよう!」

隠し持っていた猫缶をあげると… 猫2大はしゃぎ! 

わ~い、おやつだ、おやつ~~ (猫2)

あれ?お友達が欲しかったんじゃなかったっけ!?

まぁ、とにかく泣き止んでよかったよかった。ほっ(猫1)

こんなシナリオで、ロッシーニの猫の二重唱をやってみました!

Biz14月14日の日経ビジネスで対談していた2人だとは、まさか誰も思わないでしょう(笑)

とっても楽しく終了です!

2014年4月 6日 (日)

コンサート「ナイチンゲールに魅せられて」終了

1920626_10203609148172142_183687330 4月5日にJTアートホールアフィニスで行った「ナイチンゲールに魅せられて」が終了しました。

多くのお客様にお越しいただきました。本当にありがとうございます。

今回は、「ナイチンゲール」の曲以外しか演奏しませんでした。

こだわってこだわって作った演奏会。多くのお客様にお楽しみいただけて大変うれしかったです。

表題は、今回、初めて、書とコラボしたのですが、かなの専門家の山根尚恵さんの作品です。

出演:  秋山 ゆかり (ソプラノ)、北村 真紀子 (ピアノ)、 青山 季里子 (フルート)





Concert1_3 第一部は、”ナイチンゲールの原点”というテーマで、ロシアのアリャビエフ発、ナイチンゲールブームの原点となった作曲家をご紹介しました。

アリャビエフ作曲「夜鳴き鴬」

グリンカ作曲「アリャビエフ「夜啼き鴬」の主題のよる変奏曲」

リスト作曲「ナイチンゲール」

リムスキー=コルサコフ作曲「ばらの虜になった夜鳴きうぐいす~東方のロマンス~」

サン=サーンス作曲「劇音楽「パリザティス」より「ナイチンゲールと薔薇」

クープラン作曲「恋のうぐいす」

ストラヴィンスキー作曲「オペラ「夜鳴き鴬」より「鶯のアリア」

Concert2_2 第二部は、「飛び立ったナイチンゲール」というテーマで、ヨーロッパ、日本へ伝えられたナイチンゲールをテーマに演奏しました。

マーラ―作曲 「夏の小鳥の交替」

ベルク作曲 「ナイチンゲール」

ドンジョン作曲 「うぐいす」

アーン作曲 「リラに来るにうぐいす」

フォーレ作曲 「ひそやかに」

グラナドス作曲 「組曲「ゴイェスカス」より「嘆き、またはマハと夜鳴きうぐいす」」

早坂文雄作曲 「うぐひす」

2013年7月29日 (月)

(Music)ランメルモールのルチア

11月にランメルモールのルチアを歌うため、練習に励む日々です。

ルチアの狂乱の歌が聞きどころのこのオペラ、いつも歌う時に思うのが 「ルチアが人を殺して、自分も正気を逸して死んでいくシーンなのに、なんで音楽がこんなに能天気!? 鳥のさえずり、それにこたえるソプラノ。ワルツが踊れそう。」

狂っていくルチアをそう表現しているのだけれど、ドニゼッティってホントにサディスティックだなぁと思いながら歌っています。


マリア・カラスのジュリアードのマスタークラスで、ルチアをテーマに取り上げているのですが、これがとても勉強になります。

本も持っているのですが、本だけでなく、こうしてyoutubeで見ることができると、具体的にどの部分をどう歌わなくてはいけないのか、どう解釈しなくてはいけないかが理解できます。

これ以外にも、論文などを漁って、ルチアについて解釈を深めて行っています。
その過程で、今まで使っていたカデンツァを変更することにしました。
今は、そのカデンツァが使われることも多いようですが、オリジナルに近いものは使っていなかったよう。

どの時代の音楽を想定するのか、これを考えるのに、いつも悩みます。

勉強と練習の成果があったのか、久しぶりにルチアをレッスンに持って行って歌ったら、「なんだかうまくなってない??」と先生に褒められました!!

ここ最近、ロシア物が多く、ベルカントを舞台にかけることが少なかったからかもしれませんが、ベルカントってやっぱりキレイで歌いやすい……

今年は、前半は5月にオケと演奏したグリエールのコンチェルトが中心で世界が回っていました。それが終わった後は、ストラヴィンスキーのオペラ「夜鳴き鶯」やアリャビエフ、リムスキー=コルサコフなど、相変わらずロシア物をやっています。リクエストがあったので、この秋はベルカントもやります。

いろいろと演じるのもとても楽しいです!!

2013年5月26日 (日)

(Music)ヌーベルバーグ2013出演させていただきました

Genw昨日は、東京国際芸術協会主催の日暮里サニーホールで開催されたヌーベルバーグ2013に出演させていただきました。

グリエールのコロラトゥーラソプラノのための協奏曲Op82をどうしてもオーケストラで歌いたい!

と、言い出してから半年。

家庭教師をつけてロシア語を必死に勉強して、グリエールに関する書物・論文を読み解き、3月にはロシアへ行って曲が書かれた現場を見たりすることで、自分なりに曲作りに励みました。

「ロシアの荒涼感がないっ!」と先生に言われて、3月とはいえまだまだ真冬のロシアに行くなんて、ちょっと頭がおかしくなったかもと自分でも思ったくらいですが、何か憑りつかれたかのように、ロシア、ロシア、ロシア、グリエール、グリエール、グリエール、な、半年でした。(頭の中に、ストラヴィンスキー、ショスタコとラフマもチャイコも出てくるんですが、まぁ、大半はグリエールでした)

その夢が実現した夜になりました。

終演後、先生から、夢はこうして強い意志で叶えていくのだと思いましたというメールをいただきましたが、夢は自分で叶えるのではなく、ご指導してくださった先生方、そして、いつも伴奏をしてくださるピアニストの方が音とりから、音合わせまで念入りにご指導してくださり、躓くところは、オーボエと一緒にカラオケまで作ってくれて、練習に励んだ結果で、自分ひとりの力ではまったくありません。

また、今回100名を超えるお客様にお越しいただき、チケットを買ってくださるお客様がいるからこそ、オーケストラにハープを入れた構成での演奏が実現できているのだと、皆様のサポートを心から感謝しています。

GEの先輩方も駆けつけてくださって、こうして終演後にいっしょに喜んでくださって、本当に嬉しかったです。

想像していた以上にいい演奏ができ、指揮者のスティーブ・エレリ氏、東京国際芸術協会管弦楽団の皆様には、難しい曲を選んだのにもかかわらず、オケ合わせの日程もほとんどなかったにも関わらず、素晴らしい演奏をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです。

最後のHIGH Fをあおってくださったお客様! 客席からパワーを頂き、とても気持ちよく、出し続けることが出来ました。本番であそこまで長くHIGH Fを出し続けられるとは思っていませんでした。客席パワーすごいっ!

P5261074P5261078P5261072P5251064 お客様から頂いたたくさんのお花、お菓子を前に、大曲が終わったからなのか、茫然としています。

これだけ特徴のある高い声がイヤだった頃もあったのですが、今はこの声に産んでくれて、そして、この大曲を4回も5回も歌っても大丈夫なほどの丈夫な喉に育ててくれた両親に感謝しています。

そして、何よりも、約30年ほど前に、ピアノにのめり込んでいた私に、

「ピアノの才能はない、声楽の才能がある」

と言い切ってくださり、ピアノの伴奏から一切私をはずした音楽の先生の決断に感謝しています。1日4-5時間はピアノを弾いていた私には、すべてを否定されたと思い、先生を恨んだことも何度もありました。私が声楽の道に行ったときには、心から応援してくれて、私の決断が正しかったと何度もおっしゃってくださり、くじけそうになると、「あなたには神様からもらった声があるのですから、ちゃんとしなさい」と発破をかけてくださり、ここまでやって来れました。その先生は、ご高齢のため、コンサートにお越しいただくことはできなかったのですが、先生には、演奏のビデオをお送りする予定です。

今でも、コロラトゥーラソプラノは45までが勝負。歌えるときに、歌えるだけチャレンジングな曲を歌いなさいと助言してくださる先生の言うとおり、これからもチャレンジしていきたいと思います!

お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

2012年12月24日 (月)

(Music) TIAA全日本クラシックコンサート@王子ホール出演

1356331789918.jpgクリスマス・イブの今日は王子ホールで「TIAA全日本クラシックコンサート」に出演しました。

バーンスタイン作曲オペラ「キャンディード」より「着飾ってきらびやかに」を歌わせて頂きました。

楽屋を出て、ホールに行く前の階段横で、ピアニストの北村真紀子ちゃんが「ぱしゃっ」と撮影してくれました♪

歌詞の中に、ルビーの指輪、などなど出てくるので、じゃらじゃらとアクセサリーを身につけて、ちょっと狂った感じで歌わせていただきました。

今年最後のコンサートなので、楽しんで歌うことができ、会場からもくすくすと笑い声が聞こえて、楽しんでいただけたようでよかったです!! 

来年も狂乱の曲が沢山待っておりますので、狂う役を楽しんで演じたいと思います。

2012年8月25日 (土)

(Music, Art)いよいよ明日、新宿クリエータズフェスタ2012で歌います! & 希望展をやってます!!

Festa開催中の新宿クリエイターズ・フェスタ2012のライブイベント、いよいよ明日です!

場所は、新宿歌舞伎町にある旧コマ劇場前広場、シネシティ広場で、8月26日(日)午後6時~ 約20分ほど、ライブで歌わせていただきます。

演目:

1: 村井邦彦作曲 Wings to Fly (翼をください)
2: ヘンデル作曲 オペラ「リナルド」 より 「私を泣かせてください」
3: シャブリエ作曲 喜歌劇「星」 より 「ようやく気分がよくなった ~くしゃみのクプレ~」
4: アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲 ミュージカル「オペラ座の怪人」 より 「Think of Me」
5: モーツァルト作曲 オペラ「魔笛」 より 「復讐の炎は地獄のように我が心に燃え ~夜の女王のアリア」
(ピアノ伴奏: 北村 真紀子)

近くにお越しの方、是非、お立ち寄りください!!!

また、5時半から、私の伴奏をしてくれる北村真紀子さんのソロライブもあります!!

Photoさて、このフェスタ開催中に、私がサポートをしている Dreams and Hopes Art Projectが提供しているニューヨークの子供たちの絵が、「希望展」として歌舞伎町セントラルロードに掲載されています。

ニューヨークの子供たちが希望をテーマに描いている絵です。

今回本プロジェクトをまとめてくださった宝塚大学では、大学生によるワークショップを開催しています。展示と同じ『希望』をテーマに絵を描くもので、描いた絵は会期中に同展内で展示予定です。

このフェスタ終了後は、大久保公園等に展示されるほか、被災地へも子供たちの絵をお届けする予定です。

2012年8月19日 (日)

(Musuic)題名のない音楽会でCDが紹介されました!

Cdcover今朝のTV朝日「題名のない音楽会」で昨年リリースしたCD "Glitter and be CARRIE"が、この中にも収録されているCaidideの"Glitter and be Gay"の演奏映像とともに、紹介されました!

そうなんです、このCDのタイトルは、私の十八番であるバーンスタインのオペラ「キャンディード」のアリア「着飾ってきらびやかに(Glitter and be Gay)」をもじったものです。

こういう形でご紹介いただけてとっても嬉しいです(*≧m≦*)

 

2012年3月25日 (日)

【音楽】陽炎~音楽と朗読の悦び2012~ 無事終了!

Img_1889

3月24日に上野の旧奏楽堂で行われた「>陽炎~音楽と朗読の悦び2012~」が無事終了致しました。

午前中は天気が悪く、夕方になってようやく晴れてきて、いらっしゃる皆様のご負担がちょっぴり減ったので、ほっとしました。

本当は桜が咲いている予定で演目を組んでいたのですが、今年は桜が遅く、いらしていただいた皆様に上野公園の桜をみていただけなくて本当に残念です。

寒い中、お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

旧奏楽堂のクラシカルな建物に合わせて、日本歌曲でまとめたコンサートにし、ドレスも着物柄のドレスでしっとりとまとめてみました。

しかし、「いまいち盛り上がりにかけた」と厳しいコメントをいただき、改めて、演目のむずかしさに気づかされました。

自分がどれだけうまく歌えようが、「もっとクラシックをしらない一般観客目線」で、知ってるけれども暗い日本歌曲だけなく、難しいかもしれないけれども、楽しくなるような華やかな曲も入れるようにすべきだと忠告してくださった方、本当にありがとうございます。

私としてはここ最近で一番きれいに日本歌曲が歌えたなぁ~と思っていたのですが、観客の皆様からのいつものような反応がなく、「なんでだろう??うまく歌えたのに…」と消化不良を起こしていたので、こうしてはっきりとおっしゃってくださる方がいらして、本当にありがたいです。

今年の夏に自主企画で面白いコンサートを組もうと思っておりますので、その時には今回お越しくださった方々をご招待させていただき、「盛り上がる楽しいコンサート!」にしたいと思っております。

本当に皆様ありがとうございます。

より以前の記事一覧

秋山ゆかりについて

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想