美容

2014年5月24日 (土)

日焼け止め

今日も朝からいいお天気ですね。

紫外線が気になる季節。一年中日焼け止めは欠かさないのですが、初夏から秋にかけては、日焼け止めを持ち歩いて、汗をかいたら塗り直してます。




ここ数年ほど使ってるのは、金属アレルギー対応のこの2つのメーカー。

アクセーヌとラロッシュポゼです。

アクセーヌはメイク下地として、ファンデをつけてもつけなくても使用。普段ほとんどこれと同じくアクセーヌのルーセントパウダーだけで、ファンデをつけてないことが多いです。

ラロッシュポゼは首から下、ボディに使ってます。写真には写ってませんが、スティックタイプもあるので、外出時はスティックタイプを持ち歩いています。

今シーズンのアクセーヌの限定プレゼントは優秀で、ボディ用の日焼け止めや、パールの入ったルーセントパウダーを、日焼け止めを買うとプレゼントしてくれます。(ボディ用の日焼け止めは終了していますが、ルーセントパウダーは昨日からスタートしてるので、欲しい人はお早めに!!)

非売品なのが残念ですが、このボディー用の日焼け止め優秀です。サラッとしたつけごこちで、もちろん、金属アレルギーばっちり対応です。

夏は汗をかいて金属アレルギーを発症する人が多い季節なので、金属アレルギー確定してなくても、怪しいなぁと思ってる人は、早めの対策をオススメします!

肌につく下着や日焼け止め、化粧品など、汗をかく時期だけ、金属アレルギー対応商品を活用するのも一案です!

注:本ブログはステマではなく、すべて自分で購入し、成分などはコールセンターや開発部門に直接問い合わせし、確認後、パッチテストをして、私が使っているものをご紹介しています。

アレルギーの度合いは個人差があり、合う・あわないがあります。私自身が商品を探すのに苦労したこと、していることから、またお問い合わせが多いこともあり、同じように苦労されている方がいらっしゃるので、記事として掲載しています。

使用前には主治医とご相談ください。

2014年5月22日 (木)

最近使ってる基礎化粧品は、なんとロシアのナチュラルコスメ!

春になって、年度末・年度初めの仕事のピークで、忙しかったのと、コンサート続きで舞台メイクが多かったこと、季節の変わり目だったので、アトピーがひどくなって、お肌がボロボロ。

お化粧もままならず、「ファンデーションなんてぬれない!」という時期でした。

喘息の発作を起こして、ステロイドを使ったため、酷かったアトピーもやっと落ち着いた・・・ という、なんとも惨めな春でした。

ご参考のために。体調の悪かったこの2か月、ファンデーションは普段ほぼ塗ってないです。しっかり日焼け止めを塗って(アクセーヌ)、ルースパウダー(これもアクセーヌ)を薄くつけて、てかりを押さえて、そして、濃いめにチークを入れると、ファンデーションを塗っていなくても塗っていると思ってもらえるメイクになります!

そんなときは、アクセーヌの基礎化粧品のベースラインしか使わずに、ひたすら、肌が回復するのを待つのですが、やっとよくなってきました。

アトピーや金属アレルギー持ちで、季節によって肌の状態が変わる人には、「これだったら絶対大丈夫!」という基礎化粧品のラインがあることは、心強いですね。

で、少し調子がよくなってきたので、去年からはまっているシベリアのナチュラルコスメ、NATURA SIBERICA(ナチュラシベリカ)に基礎化粧品を戻してみました!

ロシア出張のときに、教えてもらったナチュラシベリカ

名前のとおり、シベリア産のハーブなどを使ったナチュラルコスメです。なんと、昨年12月に日本にも上陸したようです、日本でも買えるとは、つい最近まで知りませんでした(笑)

トナカイのミルクを使ったハンドクリームや、シベリアの雪解け水や火山灰を使ったボディスクラブ、シベリアにしかないロディオラロゼア、シベリア人参、アラリアマンシュリアン、チョウセンゴミシなどのハーブもたっぷり入っています。で、ナチュラルコスメなのに、意外とリーズナブルな金額なものが多いです。

ロシアでは物価が高いので、ロシアで買うと「ちょっと高くない?」と思うのですが、日本で買うと、他のナチュラルコスメと比較すると、リーズナブル感があります。(と言いながら、私は最初はロシアで買いましたが・・・)

敏感肌用のクレンジングフルイッド(ミルクじゃなくて、フルイッドなところがいい!)とエイジングラインの化粧水にプラスして、–57℃のシベリア平原でも枯れることのない植物スノークラドニアのエキスを主成分としたエイジングケアラインから、美容液とナイトクリーム(私は朝も使ってます)を使っています!

ICEA認定を取っている、ダウリアン ボディバターも最近お風呂上りに再開。

2種類のアダプトゲン、シベリア人参とロディオラロゼア、4種類の植物オイルを配合したボディバターで、浸透力抜群です。
香りもいいので、寝る前の気分転換にぴったりです。

アトピーが酷くなっていたので、ワセリンとお薬しか使えなかったんですが、やっとよくなってきたので、少し攻めのケアをして、この黒ずんだ跡をなんとかしよう!と思って、再開。

体調が悪いときは、ホントに最低限のケアしかできないんですが、こうしてよくなってくると、コスメもメイクも楽しめるようになってくるので、だいぶ楽しくなってきます。

2014年5月21日 (水)

金属アレルギー対応のFDAピアスを試してみました

いままで、なでしこスタイルというピュアチタンを使った金属アレルギー対応のピアスを使っていたのですが、ホントに調子が悪かったのか、ここのピアスでもダメで、でもピアスはしたくって、いろいろと探してみたところ、こんなものを発見。

金属アレルギーフリーFDAピアス

金属アレルギー症状が激しい人でもつけられるピアスの中から、パール(あこや)とスワロフスキーのホワイトの2つを買って、使ってみました。

FDAピアスは同じチタンなのですが、体内に入れても大丈夫という医療用のチタン(アメリカのFDAで認められているものを使っているからFDAピアスという名前なんですって)を使っています。

医療用かどうかの違いなだけなのかもしれませんが、こちらに変えた後から、ずっとじゅくじゅくしていた左のピアスホールが治ってきているので、たぶん、ピアスが原因だったのかなと思います。

体調に左右されるので、個人差があると思いますが、どうしてもだめ!という場合は、FDAピアスお試しください!

2014年1月26日 (日)

シャンプーとコンディショナー

金属アレルギーをはじめ、アレルギー関連の記事を読んで、メール等でご質問してくださる方が多いものを、ブログでも取り上げていきます。

最近質問が多いものの1つが、シャンプーとコンディショナーについて。

Photo_220年くらいアヴェダのシャンプー・コンディショナーを使っていいました。

しかし、金属アレルギーが分かってから、金属アレルギーの人たちが多く通う美容院が使っている製品に変えました。

モアコスメティクス バーデンス スキャルプシャンプーとスキャルプトリートメントです。

理由は、「アレルギーを起こす可能性があるものを1つでも減らしたいから」です。

それと、こちらの製品は、少量でいいので(私の髪の長さはセミロングで、肩下20センチくらいです)、500mlのボトルを1本買うと、半年持ちます。詰め替え用は400mlで、5か月ちょっとは持ちます。

シャンプーは、これで体を洗っちゃっても大丈夫だそうです。

コスパがずっとよくなったのはいいのですが、問題が1つあって、サロンでないと購入できないこと。行っている美容院で取扱いがあるからいいのですが、ネット等で買えないのが、ちょっと面倒ですね。

問い合わせると、近くで取り扱っている美容院を教えてくれます。よーく探すと、ネットから受付してくれる販売代理店もあります(ここには書けないので、よーく検索してみてください)。

モアコスメティックの商品は、このシャンプーとトリートメント以外は使っていません。(他に使いたいものがあるから)

 

2012年9月 7日 (金)

(Health) 金属アレルギー対策: メイク関連用品について (3)

金属アレルギーが発覚してから、いろいろな会社のカスタマーサポートや技術の方とお話しさせていただきました。

ものすごく丁寧な対応の会社から、ありえないほど雑な会社まで、ここまでいろいろとあると業績との連動分析をやりたくなってしまいます。

仮説としては、カスタマーサポートの対応が80点くらいの会社が一番業績がいいんではないかと思う。(100点でないところがポイント)

さて、メイク用品で追加情報です。

注) この情報は、大量に電話をかけまくり、メールをしまくり、調べまくっている情報を、備忘録として記しています。自分で調べるのが大変だったので、ちょっとでも他の人のご参考になれば…という思いもあります。あくまでも、私が問い合わせをしたときの返答であり、状況は変わっている可能性がありますので、厳密性を求める方は、ご自身でお問い合わせください。また、アレルギーの状態は個人差がありますので、主治医とご相談の上、何を除去するのかしないのか、どの程度まで許容範囲とするのかを決めてください。ここで書いている話は、あくまでも私のケースです。

100%自然素材のオーガニック化粧品をうたっているナチュラグラッセは、ご高名なメイクアップアーティストさん等が「金属アレルギー対応できているので使ってみて」とネットにかかれていたので、購入して、パッチテストをしたりしていたのですが、様子がおかしい。

そこで、お客様相談室に問い合わせをしました。

最初は、「ニッケルは使用していません」

と、おっしゃっていたのですが、酸化鉄にニッケルが含まれているので、それを確認してくださいと、開発に問い合わせをかけてもらったところ、

「酸化鉄に関しまして、一般的には微量レベルでニッケルが含まれていると言われております。ナチュラグラッセで使用している酸化鉄につきましては、原料規格として、ニッケルの検査をしておりませんので、ニッケルを一切含まないというものではありません。」

というお答えが。

ニッケルアレルギー対応はされていないということが発覚しました。

肌に優しい、アレルギーが出にくい、など、うたっている企業でも、やっぱり、開発までちゃんと問い合わせしないと、分からないものもあるのねぇ。。。と、思いました。

金属アレルギー対策に、ナチュラグラッセを勧めているサイトもあるのですが、私は完全除去中なので、使うのをやめます。

関連記事: 

2012年9月 1日 (土)

(Health) 金属アレルギー対策: メイク関連用品について: ファンデーション、マスカラ、アイライン、リップ(2)

先日、金属アレルギー対策: メイクなどの美容関連について書いたのですが、そのアップデートです。

ファンケルはパッチテストで問題があったことをちらっと書きましたが、体調の悪い時は、全くダメだということが発覚。

色味などは、アクセーヌなどと比べると圧倒的にファンケルの方がいいので、調子がいいときには、使いたいなと思うのですが、先日ひどいアナフィラキシーショックを起こして、あと3時間病院に行くのが遅かったら死亡してた可能性もあると先生に脅されて(?)以来、やっぱり絶対安心なところのラインは死守しておこうと思いました。

病院の先生もおっしゃっていましたが、唯一安心して使えるブランドはアクセーヌだけのようです。

また、私の調べたところ、ヨーロッパでは、ニッケルアレルギー対策がきっちりと取られているので、ヨーロッパ製品で「ニッケルアレルギー対応」と明記されている商品を選ぶのがポイントのよう。

ちなみに、私のアナフィラキシーショックの原因は、ニッケルなどの金属ではなく(金属は遅延型のアレルギーです)食事だと思います。

Photo_2 先日、アクセーヌでは、ファンデーションは買わなかったのですが、今回は、ファンデーションも買いました。ミルキィファンデーション PVにしました。理由は、私はパウダリー派ではなく、リキッド派のため。

こちらも先日紹介したフェースカラーと同じく、色素をコーティングするPV技術で色素による化粧かぶれや肌への刺激を防ぐファンデーションになっています。ナチュラルな仕上がりのリキッドタイプで、クリームタイプよりも、お肌への負担は軽減されているそうです。アクセーヌの美容部員さん曰く、パウダリーの方が肌には刺激がすくなくておすすめのようですが、慣れているものでないとムラが気になります。

Photo_3

 

私は合わせてフィニッシングパウダー PVを使うことにしました。

最初はファンデーションだけ買っていったんですが、家に戻って、「あぁ~~。うちのルースパウダーに酸化鉄が入ってるぅ~」とNGな成分が発覚したため、お店に戻ることになってしまいました。

ルースパウダーは、私と同じく透明な色を選んでいる人も要注意です!! 酸化鉄がコーティングされていなければ、せっかく購入しても、体調の悪いときは使えません!

(金属アレルギーなら体調のいいときも勧められないものだと思いますが)

Photo_4

下地は、SPF50のスーパーサンシールドを使い始めました。

室内勤務ではなく、外出が多いから、SPFは高めのものを使いたいという気持ちから、SPF50を選んでいます。

これよりも前に使っていたのは、資生堂の2e(ドゥーエ)のノンケミカルの日焼け止め(SPF45)です。こちらはパッチテストで大丈夫だったものなので、使用していたのですが、白浮きがとても気になり、また周囲の人からも白浮きを指摘されたため、代替品を探していました。

やっぱりちょっぴり白っぽいというのが、周囲の人からの意見ですが、それでも前よりはずっと白っぽくないので、自然なお化粧が楽しめると思います。

Photo_5

マスカラは、ベースに、アクセーヌのジェントルマスカラPVをつけていますが、それだけでは、まーったくボリュームも長さも出ません。さらに、文句を言えば、カール力はほぼナシと思ってもいいと思います。私のまつ毛の長さは平均的な日本人よりも1㎜~2㎜ほど長いだけで、下向きのまつ毛なので、典型的な日本人のまつげといってもいいと思います。

そこで、考えたのが、マスカラのダブル使い。

先日別の記事「金属アレルギー対策: 調理器具やカトラリーについて」で書Photo_6きましたが、ヨーロッパではニッケルアレルギー対応がかなり進んでおり、ニッケルアレルギーをこれ以上拡大させないためにいろいろな対策が取られています。

探してみると、La Rocheのリスペクティシモ デンスィファイイング ボリュームマスカラは、ニッケルアレルギー対応されていると、明記されています。

酸化チタンへのアレルギーがある人には使えない製品ですが、チタンアレルギーはなく、私のようにニッケルやスズだけにアレルギーが出ている人は使えそうです。

今は、アクセーヌのジェントルマスカラPVの上に、ボリュームを出すために、La Rocheのリスペクティシモ デンシィファイイング ボリュームマスカラを重ねて、目力ばっちりにしています。

アイラインも同じくアクセーヌとLa Rocheの2本使い。残念ながらファンケルがダメだったので(赤くなります)、アクセーヌとLa Rocheを使い分けています。アクセーヌの方が肌には優しい気がしますが(あくまでも気がするということで科学的根拠はありません)、落ちやすいのが難点。落ちやすいので、目の周りにしっかりとパウダーを塗っておかないと、午後一にチェックするとパンダになっています。そこで、基本的にはアクセーヌのアイラインを使うけれども、お直しができない日には、La Rocheのアイライナーを活用。これは、日本未発売で、現在、マスカラを買った人には特典で無料でついてきますので、ほしい人は今すぐゲット!!!

ちなみに、アクセーヌですが、某オンラインサイトで購入すると15%オフになります。いろいろと調べてみましたが、ここが一番値引き率が高いです。

Photo_7先日アクセーヌの口紅の色が全然使えない!!と書きましたが、何度見直してもやっぱり使えない~~と思ったので、ファンケルに挑戦。しかし、ファンケルはまだ体調が戻っていないのか、NGでした。

そこで、ヨーロッパのBIO系コスメで探してみました! ニッケル、クロム、コバルトアレルギー対応のコスメがありました!!!

日本でも購入できるクルールキャラメルです。

さっそく、こちらのグロス、813番 ラズベリーベールをゲット。オーガニック植物エキス配合の100%天然素材でできたグロスです。ステンレスマグから染み出たニッケルのおかげでぼろぼろだった唇ですが、このグロスは全然痛くない!! 

このクルールキャラメルでリップバームも出ているので、先日紹介したd programのリップベースと合わせてこちらも使い始めたところいい感じ。

口紅はひけないけど、スーツを着ないといけないときには、クルールキャラメルのリップペンシル(私が使っているのは117番)をひいて、そのうえにリップバームをするだけで、口紅をひいている感じになります。

この対処の仕方は、腫れあがっている下唇が治れば、口紅を使い始めるから、緊急避難的なやり方なんですが、これだけで、ずいぶんとメイクしている感が出ます。

今週は、某ブランドのファッションショーにもお呼ばれしていますし、なんだかんだと仕事できちんとした格好をしないといけないので、こうして金属アレルギー対応(主にニッケルアレルギー対応)のメイク用品が充実してくると、安心しておしゃれしてお出かけできます。

関連記事: 

 

2012年8月14日 (火)

(Health) 金属アレルギー対策: メイクなどの美容関連

アイシャドーやファンデーションなども金属アレルギー対策が必要。
これは、先生から指摘される前から、知識としてはあったので、最初から諦めていたものなんですが… 

幸い、基礎化粧品はパッチテストの結果、すべて使えることが判明。後は、色物だけですね… 

まずは、自分が今使っている製品が大丈夫か、パッチテストをしなかったモノすべてメーカーに問い合わせ。

あまり知識のないコールセンターの方も多くて、各社にお電話中やお店に伺った際に、あまりにも対応がいまいちでイライラしてしまいました。某社の対応には、これは暴言ではないか!?と思うこともあり、

 

金属アレルギーの人は、メイクするなってことですか!?(#゚Д゚)y-~~イライラ

 

とは、言いませんでしたが、もうちょっとイラついてたら言ってたかも… (^-^;

 

自分がなってみて初めて分かるけれど、意外と除去ってめんどうだし、世の中で認知されていないのね~~

 

そんなこんなで、げんなりすることもあったんですが、一応全商品の確認をした結果、ファンデーション(ディオールのBBクリーム。ファンデじゃないけど、ファンデ並に優秀なので、最近はファンデを使ってない私)は大丈夫でしたが、アイシャドーをはじめとする色物がほぼすべてアウト! !!(゚ロ゚屮)屮

一応、それなりに社会人なんで、まさかノーメイクでお客様先に行くわけなんてありませんから、最低限でもきちんと見えるようなメイクはしたいですよね。

うちの母や悪友なんかは、「あんたが化粧してようがしてまいが誰も気にしないって」っていうけれど、そうかなぁ。最低限の礼儀だと思うんですけど。

そこで、金属アレルギー対応をしているメーカーをリストアップし、店頭で具体的にヒアリングすることにしました。

Photo_3まずは、先生もおすすめしていて、ネットでも評判のいいアクセーヌへ。金属アレルギー対応のために、色素はすべて、透明の薄膜シリカでコーティングしているそう。パーフェクトヴェールというシリーズになっています。問題はちょっとお値段が高いこと、色のバリエーションがないこと、色づきが薄くメイクしている感じを出すのにはかなり色を乗せなければいけないこと… などなど、挙げだしたらきりがないんですが… 金属アレルギー対応と打っているだけ、安心です。

カウンターのアドバイザーの方々も皆様アトピーだったり金属アレルギーだったり、なんらかトラブルを抱えている方が多いそうで、体調が悪いときに、メイクをばっちりしているように見せるテクをはじめ、これくらいの状態(私の口元が腫れあがっているのを見て)だったら、口紅も刺激になるから、ワセリンとこの口紅をこのくらい混ぜて使うと大丈夫だと思う、など、過去の経験からいっぱい教えてくださって、すごい感謝っ!!

とはいえ、アイライナーをひいたりすると、目がかゆくなってしまって、腫れてきてしまったので、今回は、アイシャドーを3種類ゲットして、しばらく様子を見ることになりました。さらに、ファンデーションをはじめ、口紅など、必要そうなアイテムのサンプルを入れてくださって、「ほしい色ではないと思うのだけれど、パッチテストには使えると思うんで、パッチテストやってみてください」と、すごい丁寧な対応に、感謝感激。

カウンターに行く前に企業について調べてみたら、ケセランパサランやカバーマークを持っている会社だそう。意外でした。

口紅はかなりラインナップがイマイチだったので、(色味が…文句言える立場じゃないのは分かっているけれど、そうはいっても...という気分)、他をあたることに。

Photo_4 次に行ったのが、ファンケル。10年くらい前にファンケルのお仕事をさせていただいたときに、アレルギー対応をがんばっていると言っていたし、ネットでもアレルギーの方が使われているようなので、店頭へ。

しかし、ここでの対応が最悪でした。まず、お店が省エネ対応なのはわかるんですが、外との気温とほとんど変わらず、めちゃくちゃ暑いので、汗びっしょりに。汗はそもそもアレルギーにとっても悪いのと、かゆくなってきたので、気分がめいりました。

さらに、お店の人の対応にげんなり。

「金属アレルギー対応のアイシャドーですか?」と聞いたところ、「無添加です」という答えが。

無添加って、ミネラルファンデーションとかも無添加ですけど、金属アレルギー対応どころかバリバリに金属アレルギーを起こすもとが入っていますが… 美容部員なのに、知らないの!? 

そこで、「無添加と金属アレルギー対応は違うと思うので、成分表を見て確認いただけますか?」と聞いたところ、カタログを渡され、「入ってないでしょ」と言われました。

「あのぉ、酸化鉄とか書いてあるんで、入ってると思うんですけど… アレルギー対応のためにコーティングとかされてるんですか?」と聞いてみると

「知らないので、自分でカスタマーセンターに電話してみてください」

 

絶句

 

その場でカスタマーセンターに電話して、聞くことに。

これって、金属アレルギー関連の質問でなくても、ふつうの受け答えとしても、接客としてはまずくない???

と、思いながら、電話をし、あれこれ聞いてみると、色素はすべてコーティングしているので、金属アレルギーは出にくいとのことでした。それでも、出る人は出るので、まずはパッチテストをしてくださいと言われたのですが、アクセーヌと違って、店舗ではサンプルは配ってないので、実物を買って、それを自分でパッチテストして、ダメなら、残念でした、大丈夫なら使える、そういうやり方だそうです。

 

えーーーっ!!! ダメなら投資損!?

 

そうは言っても、リップの色味はアクセーヌよりもファンケルの方が仕事で使いやすいものがあるので、そんな文句は言ってられないから、リップとアイシャドウを1つテスト用に購入。

早速パッチテスト中ですが、1つは赤くなってきているので(ばんそうこうの上からでもわかる)これは、使えないなぁ~~ (。>0<。)

できれば、色味はどうでもいいので、サンプル用意しておいてくれればよかったなぁと思います。ちなみに、ちょっと前まではサンプルやっていたそうですが、廃止になったようです。

Photo_5最後に、資生堂のdプログラムをチェック。ここは、カウンターで同じくドタバタがありました。理由は、アレルギー対応かどうかはっきりしないということだったので、本社問い合わせをしてくださったからです。

あまりアレルギー対応の問い合わせが無いんだなぁという感じでした。

それでも、本社から金属アレルギー対応になっていることを聞き出してくださり、今の状態を見ると、口紅ではなくて、アレルギー対応のリップベースがあるので、それをグロスっぽく使った方がいいですよ、と教えてくださり、ここでは、グロス替わりになるリップベースをゲット。色を使ってないからアレルギー出る可能性は低いので、かなり安心。

ファンデなどのサンプルをくれたので、それをパッチテストです。

Img_0863 最後にゲットしたのは、夏の必需品、カミソリ。

ステンレス製のモノが多くて、悪友と

「もしかして永久脱毛!?」

と騒いでいたのですが(笑)

チタン加工されたものが売っていました。

kai razorという貝印カミソリの製品です。マツキヨでお値段はちょっと高めの500円弱でゲットしました。

ちょっと高いけど、でも、これで、かぶれなくて済む。。。(ほっ)

貝印といえば、私の花王のステンレスビューラーが使えなくなったので、プラスチックのものを探したところ、貝印のビューラーを発見。お値段もとってもお財布にやさしい500円くらいで、こちらもマツキヨでゲットです。

メイク用品は、定常的にこれと決まるまで、しばらく紆余曲折がありそうですが、なんとなくこの辺で買えるのねというあたりがついたので、ほっとしました。

 

秋山ゆかりについて

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想