« 2014年11月 | トップページ

2014年12月

2014年12月30日 (火)

ブログを移行しました

年末に、ブログをhttp://www.yukari-akiyama.comに移行しました。

プライベートのブログは、今まで通りhttp://blog.yukari-akiyama.comに、事業開発、キャリア、金属アレルギー関連の情報は、http://www.yukari-akiyama.comに集め、1つで管理することにし、より頻繁にアップデートすることにしました。

ブックマークされている方は、ブックマークのご変更をお願いいたします。

2014年12月15日 (月)

シンプル・ライフ 世界のエグゼクティブに学ぶストレスフリーな働き方

Photo翔泳社より献本いただきました。

シンプル・ライフ 世界のエグゼクティブに学ぶストレスフリーな働き方」を読みました。

内容紹介(Amazon.co.jpより)
マインドフルネスで実現する創造的生活! 「どうすればインターネットに飲み込まれず、ちょうどよい距離を保てるのか」(佐々木俊尚)●概要本書は世界トップの起業家、ビジョナリ―が実践する「マインドフルネス」という新しい生活スタイルを提案します。現代人の多くが1日にメールを50回以上、メッセンジャーを77回チェックしているという調査結果もある中で、世界トップの起業家たちは、無益な情報には惑わされずに平常心を保つ(=マインドフルネス)生活を実践しています。どのように生活すれば、情報の海に飲み込まれずに創造的な働き方・生き方ができるのか。そのノウハウとともに、具体的に取り組む日々のエクササイズも紹介します。ついついスマホで、ツイッター、フェイスブックを確認してしまう人、もっと生活を充実させたいと思っている人など、すべての人にオススメです。

今年秋に日本ではじめて実施されたGoogleで行われている「マインドフルネス」の講座を受けてきたばかり。この本がリリースとなり、「マインドフルネス」って今年から来年にかけて流行るのかしら!?と思いました。

ここ最近、「つながりすぎ」の問題が指摘されており、IT機器断舎利が一部で流行っていますが、この本もその流れの1つだと思いました。

しかし、自分たちがどういう選択をして生きていくのかという、人生の根本を問う内容で、情報の次の波が来た時にも、自分がどう対処し、生活の中に取り込むか、どうスタンスを取るかを考えられるように作られている本だと思いました。

内容としては、あちこちで言われている内容と同じなので、さらっと読めます。さらっと読める手軽さはありますが、各所で「ホントに考えてる?」と考えさせられるように、本が書かれているので、そこでいったん立ち止まって、考えるという時間が持てました。

そのため、普段よりもこの本を読むのに時間がかかってしまいました。

私自身は、10代からインターネットにどっぷりつかり、大学・大学院と情報工学を専攻し、卒業後はネットワーク・アプリケーションエンジニアとして仕事をしていたので、20年以上前に自分が通った道。デジタルが行き過ぎるとアナログな生活になるのを身を持って体験してきたので、SNS等が登場しても、スマホが登場しても、ある程度の距離を置いて付き合っていると思っています。

また、いくつかの企業のエグゼクティブとして仕事をしてきたときに、瞑想について学ぶ機会等があったため、ここに書かれていることは、総じて自分でも考え、実践してきたことなので、あまり違和感はありませんでした。しかし、まだまだ煩悩の塊だなぁと思ったのは、16章の「執着することの無益さ」を読んだとき。

頭では分かっているけれど、どうしても執着したくなることもあり、それが特に、新規事業として自分が手がけたものから撤退するときは、執着します。そういうところは、もっと身につけていかなければならないなぁと、反省。

こういうことは、実践していくしか身につかないので、すでに経験のある人は、「内省を促すツールとして」、これから実践する人は、とにかく全部読んでやれるところからやっていくのがおススメです。

来年1月14日(水)に理工系女子学生向けキャリアイベントに参加します

Kawaiixscience来年1月14日(水)に理工系女子学生向けキャリアイベントが、東京で開催されます。

グーグルやサイバーエージェントの方々等がパネルで登場されます。

私は、第一部の講演とパネルディスカッションのファシリテーターに参加します。

本日より、kawaii x scienceの方で、告知がスタートしました

第1部:  秋山ゆかりによる”理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座”

第2部: 先輩理工系女子 × 理工系女子学生 パネルディスカッション

第3部:社会人として活躍中の先輩理工系女子&企業担当者 ぶっちゃけ”座談会

【イベント詳細】

●日時:2015年1月14日(水)17:00~20:00(受付16:30~)

●場所:人材研究所セミナールーム

  港区白金台2-10-2 白金台ビル4階 (株)人材研究所 セミナールーム

●アクセス(最寄駅):・都営浅草線 高輪台駅から徒歩3分

地図:Googleマップ http://goo.gl/maps/PLFQV

●参加費・定員:無料 / 理工系女子30名限定 / 要申込

●参加申込み:コチラも申込フォームから http://goo.gl/forms/UT4efQY9dc

●主催:(株)アネスタ/(株)人材研究所/(株)ハウテレビジョン[外資就活ドットコム]

日経ビジネスオンラインの連載記事がアップされました

日経ビジネスオンラインで連載している「秋山ゆかりの女性キャリアアップ論」に新しい記事がアップされました。

今回は、「「女の敵は女?」 女性部下との付き合い方の処方箋」というタイトルで、最近飲み会でよく話題になる、女性部下への対処法について書きました。

女子校育ちで、(大学・大学院は理工学部で男子校みたいでしたが)女子特有のべったり感はあまり苦手ではないのですが、会社の中でポジションがあがっていくにつれ、人間関係の立ち位置が変わって行くことに悩んだこともありました。

女―女の対立は結構キツイ。

できれば対立せずに、職場ではうまくやりたいと、いろいろ考えたたどり着いたのが、今のマネジメントスタイル。

私はかなり女っぽい性格なので、自分の中の女性”性”も気にしながら、いいマネジャーであろうと努力しています。まぁ、時に、うまく行かないこともあるのですが。気にしていると、気づくことも多いように思います。

« 2014年11月 | トップページ

秋山ゆかりについて

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想