« 尚美学園大学での音楽キャリア論―コンサートの集客について | トップページ | 中国外交の考え方のベースにある台湾と「一つの中国」原則 »

2014年6月17日 (火)

Googleのスカイボックス買収

今週の気になるニュースは、Googleのスカイボックス買収です。

このWSJの記事によると、今回の買収によって、Googleは2016年ごろまでに、地球全体の画像を高い解像度で1日3回取得できるため、かなり詳細にウォールマートの駐車場の状況データであったり、はたまたサウジの油田の状況データ等を入手することが可能になるそうです。

ウォールマート等の小売りは、売上予測がより精密に立てられるし、穀物相場の予測もしやすくなるのではないかとアナリストが解説しています。

Googleは自社のプラットフォームやサービスでの顧客滞留時間を高めることで、広告ビジネス(及び現在開発中の他のサービス)の収益を拡大し、ビジネスを展開しています。今回のようないわゆるデジタルプラットフォームのデータだけでなく、リアルなデータを直接解析できるようになることで、デジタルとリアルのビジネスのシームレス化はもちろんのこと、リアルビジネス単体でも、Googleプラットフォームへの顧客滞留時間は長くなります。当然ながら、オンラインの広告以外のビジネス展開もさらにリアルになってきます。

Walletの買収の時にも、かなり興奮しましたが(他社さんのことですが…)、今回の買収はそれ以上のインパクトがあるでしょう。

現在は、90%がオンライン広告収益ですが、近い将来、それ以外の収益が増えていくのではないでしょうか。

Googleの戦略について理解したい人は、1年ほど前の、ちょっと古い英語の記事になってしまいますが、Forbesに掲載された”Deconstructing Google's Strategy: Will Google Eat Your Business Next?”という記事がおススメです。

ちなみに、どうやっていい買収ターゲットを探すのか?という質問をよく受けますが、私がGEやIBMの事業開発時代にやっていたのは、以下の方法です。

  • ベンチャーキャピタル、エンジェルに声をかけまくる
  • 銀行(都銀以外に地銀、信金)の融資部門に聞く
    (データベースを持っているので、領域別にリストを出してもらい、インターンをやとって、片っ端から調べる)
  • イノベーション大会を開く(賞金等を目当てに応募がある)
  • 大学・研究所の研究者に声をかける(インターンをやとって、北から南まで片っ端から調べる)

実際に何度も会って、欲しい技術・サービスかどうか見極めていました。

注:私が担当していたものは、シリーズBかC以上で、所属していた企業で、ある一定の規模のビジネスを創るための技術・サービス獲得の1つとしての事業開発です

« 尚美学園大学での音楽キャリア論―コンサートの集客について | トップページ | 中国外交の考え方のベースにある台湾と「一つの中国」原則 »

ビジネス」カテゴリの記事

新規事業開発」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/59831170

この記事へのトラックバック一覧です: Googleのスカイボックス買収:

« 尚美学園大学での音楽キャリア論―コンサートの集客について | トップページ | 中国外交の考え方のベースにある台湾と「一つの中国」原則 »

秋山ゆかりについて

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想