« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月25日 (月)

クリスマスカードのシーズン

Xmasブログでは音楽の話ばっかりなので(最近は新刊のご案内もあったけれど)、100%音楽家?と思われている方も多いかもしれませんが、音楽は20~30%くらい。

80%は事業開発というビジネスで生計を立てています。

ビジネスの話がほとんどないのは、事業開発という仕事柄、機密が漏れる可能性があるため、書けないことが多いためです。

海外での事業開発も多いことから、この時期はクリスマスカードを出すシーズン。

ここ数年は、日本から出しているので、世界の医療団に寄付が入る「和」の柄+サンタクロースのクリスマスカードを出しています。

毎年、年収の10%程度を寄付していますが、少しでも何かに寄付されるところのモノを使いたいと思っていること、そして、海外のお客様が多いため、日本的な要素が入っているものの2つの視点で探したところ、ここのクリスマスカードにたどり着きました。

お客様先にはイスラム圏の方も少なくないのですが、イスラム圏の方々には、新年のご挨拶をお送りするため、クリスマスカードは出しません。Seasons Greetingsというご挨拶状を出します。

日本の年賀状と同じような位置づけなので、出す時期も年賀状よりちょっぴり早め(航空便でもすぐに届かないため)12月20日~25日あたりで出します。

クリスマスカードが終わったら、年賀状書きです!

今年もあっという間に終わりそう。

2013年11月24日 (日)

ノワゼーへ向かう道

PhotoPhoto_2プーランク没後50年を記念したコンサート、「ノワゼーへ向かう道」を聞きに行きました。

今回は偽りの婚約全曲演奏が目的です♪♪

お話 エディット・セリグ(パリ・エコール・ノルマル音楽院教授)

出演 荒木聡子 駒井ゆり子(ソプラノ) 及川尚志 (テノール)市川景之(ピアノ・お話)

曲目

プーランク 動物詩集

シャブリエ 蝉 小さなアヒルのヴィラネル
サティ ジムノペディ第1番
ドビュッシー 海は伽藍よりも美しい パリ女のバラード
ラヴェル マラルメの3つの詩
プーランク その優しい顔 矢車菊 グルヌイエール島 宴に行く輩たち
歌曲集「戯れの婚約」 歌曲集「クルト・パイユ 藁のくじ引き」

プーランクの多くの作品に、「ノワゼー」と書いてあるのですが、プーランクがそこにお城を買って、別荘にしていたところ。

ノワゼーってどこだろう?

コンサートの前に、お茶する時間があったので、検索(笑)

トゥール郊外にある村で、かなりのんびりとした感じのところのようです。

私、こんなのんびりとしたところに住んだら、仕事せずにぼーっとして1年が終わっちゃいそう。

コンサートは、エディット・セリグ女史のお話からスタートし、彼女がラジオフランス時代にマラルメのお嬢様がレコーディング技師で、「パパはそんなこといってない、パパは・・・、パパは…」とパパを連発したお話とか、小話もいっぱいあって、勉強にもなるし、ちょっぴりユーモアもあって、楽しめました。

駒井ゆり子先生の偽りの婚約はすばらしくて、普段セクシーだとは思ったことがないのですが(失礼!)、なまめかしくて、見つめられたらドキドキしちゃって(私だけを見ていたわけじゃないと思うんですけど、こっちを見ているように見えた!)、思わず目をそらしちゃったほど。

プーランクとプーランクに影響を与えた音楽家たちのたくさんの歌曲を聞けて、幸せな午後となりました。

2013年11月21日 (木)

はなとゆめ

Photo冲方丁さんの最新刊で、「なぜ清少納言は枕草子を書くに至ったか」が題材の「はなとゆめ」。

内容紹介(Amazon.co.jpより)
清少納言は28歳にして帝の后・中宮定子に仕えることになる。内裏の雰囲気に馴染めずにいたが、定子に才能を認められていく。やがて藤原道長と定子一族との政争に巻き込まれ……。美しくも心震わす清少納言の生涯!

バツイチ子持ちの清少納言が、中宮定子に見出され大抜擢され、降りかかる権力闘争と、女性同士の微妙な関係などをくぐりながら、枕草子を綴る。

「あぁ、現代の職場と変わらんっ!」と思う点が多く、勉強になります。

自分の容姿を気にして朝廷勤務を場違いだなぁと思ったりするところなぞ、現代とちっとも変らないと、ますます親近感を抱きながら、読み進みました。

歴史小説でも、キャリアの参考になるなぁと思う点がたくさんあるので、働く女子におススメの1冊です。

2013年11月13日 (水)

日本数学検定協会の経営者・有識者インタビューに登場!

Photo公益財団法人日本数学検定協会の経営者・有識者インタビューに、「数学力はどう事業開発で役立つのか?」が掲載されました。

私は”政策立案と事業開発”という仕事をしているのですが、一般的にはマイナーな仕事だと思います。

インタビューでも答えていますが、事業開発には新しい事業の創造とうまくいかなくなった事業の立て直し、そして破たんしてしまった事業の再生という3つの分野があります。

私はどれも手がけていて、比率的には新規事業の立ち上げが4割、事業の立て直しと再生が6割。

そして、大型の事業開発では必ず国レベルのものが出てくるため、政策立案から絡むことが多く、いつの間にか政策の仕事も増えてきました。

今回は、数学という切り口でインタビューにお答えしました!!

実は子供の頃からとても数学が好きでした。言語を超えたコミュニケーションができること、そして、複雑なモノをシンプルに表現するからです。

私が小さいころからやっていて、今もオペラ歌手として続けている音楽の世界でも数学を見出していました。カデンツァの分析も半端なくやってるんで、学校で学んだ数学が今でも実践で生きています。

…そんなお話をさせていただきました!

数字に興味がある方も無い方も、是非ご覧ください!

2013年11月 6日 (水)

二子玉川にある紀伊国屋書店 玉川高島屋店に伺いました!

Photo_2今日は、地元、二子玉川へ行きました。

二子玉川には、幼稚園、小学校(二子玉川小学校)、中学校(瀬田中学)の途中まで、住んでいました。公立育ちの、地元です。

玉川高島屋の紀伊国屋書店に、ご挨拶に伺いました。

手書きPOP(写真)を置いてもらうようにお願いしたところ、相変わらず地元に住んでいる幼馴染が仕事から戻るときに見たら、新刊コーナーに置いてくださっていたそうです!!

嬉しい~~

故郷に錦まではいきませんが、地元にこうやって、平積みしていただけているなんて、とっても嬉しいです♪

新刊コーナー、ビジネス書新刊コーナー、ビジネス書の3か所で、展開してくださっております。

二子玉川小学校&瀬田中卒業生の皆様っ(現役ももちろん!)ぜひぜひ玉川高島屋の紀伊国屋書店チェックしてくださいませっ!!

幻獣ムベンベを追え

Photo幼馴染Yが、超面白い!と絶賛していた高野 秀行氏の「幼獣ムベンベを追え」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより) 太古の昔からコンゴ奥地の湖に棲息するという謎の怪獣・モケーレ・ムベンベ発見を賭け、赤道直下の密林に挑んだ早稲田大学探検部11人の勇猛果敢、荒唐無稽、前途多難なジャングル・サバイバル78日。子供の心を忘れないあなたに贈る、痛快ノンフィクション。

Facebookでは、先に紹介してしまったのですが、(こちらではまだなので、そのうち書きます)「謎の独立国家ソマリランド」の著者の1作目。

早稲田大学探検部でコンゴに幻に怪獣を探しに行く実話。

ネッシーやイエティなどと同じ、目撃例は数多くあるもののいまだに実在を確認できていない、未確認動物(UMA)の一種で、「モケーレ・ムベンベ」のお話です。

めちゃくちゃで常軌を逸してるとしか思えない話なんですが、何かをやり遂げる時人はここまで知恵と体力を使って追いかける。

そして自分も自分の周りも(読者も)その過程で世界観が変わる。

一見、こんなのアホやろ〜と思うことなんですが(だって幼獣さがしにいくんですよ? コンゴのジャングルまで)私は彼らを尊敬する。

私はコンゴまではいかないだろうけど、何かをするときに、極限までやれる人でありたいと思いました。

一読の価値あり。

ソマリランドのお話も面白すぎて、分厚いのですが、あっという間に読み終えてしまいました。

しばし、高野 秀行氏の作品をブルドーザー読み(かたっぱしからくまなく読むこと)をすることでしょう。 高野さんにファンメールを出そうと思っています!!

「今を変えたい」と思っている人。 よんでみてください!!!

2013年11月 4日 (月)

ルチアの狂乱をさせていただきました

Lucia芸術の秋。

秋から年末にかけては、コンサートシーズン。

毎週のように歌うので、風邪対策をばっちりとして、いつもよりいっぱい食べて、年末まで頑張ろう!

今日は、ドニゼッティ作曲 オペラ「ランメルモールのルチア」より、狂乱の場を演奏させていただきました。

コロラトゥーラ・ソプラノで狂乱というと、大体4つくらい(バーンスタインを入れない人がほとんどだと思うので)を指すのですが、一般的に狂乱というと、このルチアではないでしょうか。

19世紀に大流行した狂乱オペラ。

狂乱オペラがなぜ流行ったのか、理解に苦しむのですが……。

ドニゼッティのこの狂乱オペラは、この小鳥のさえずりのような能天気(?)なワルツで、狂乱するのですから、ドニゼッティって、サディスティック。

気分のままに激しく歌うと、どうしても音が滑るので、幽体離脱をするかの如く、冷静な自分がいないと歌えない曲だなぁ…と思います。

なぞといろいろと思いながら、最後の最後まで、修正に修正を加え、イタリア語の発音矯正をしてもらったり、なんだり…で、昨日まで仕上がっていませんでした。

ちなみに、The Fifth ElementのDiva's Danceは、私も何度か歌わせてもらっているのですが、このDancing Versionに入る3分25秒までは、ルチアの狂乱(約20分)の最初のところです。

ルチアの狂乱を知らない!という方でも、アラフォー以上の方だと、The Fifth Elementの宇宙人のオペラ歌手が歌ってた曲っていうと、「あぁ~、あれね!」と知っている人が多くなります。

これを宴会で踊りながら歌うと、受けます(笑)

…というわけで、話はそれましたが、ルチアを無事に演じれるかどうか不安だったのではありますが、無事、終わりました~~~。

2013年11月 2日 (土)

神保町ブックフェスティバル

1383377738779.jpg

今日から11/4の三連休は、神保町のブックフェスティバルです。

早川書房さんがブースを出して、著者サイン本を販売しているので、お邪魔しました。

私も三冊サイン&イラスト(ラクガキ!?)し、サンデル教授の横に置かせて貰いました!

売れるといいな〜

絵入りは初です(笑)

編集担当の岩崎さんとブースの横で。

2013年11月 1日 (金)

神保町のブックフェスティバルの早川書房のブースに行きます!

Bookfes2013_aこの週末、11月2日~4日に、神保町でブックフェスティバルがあります。

早川書房がすずらん通りにブースをだし、著者サイン本を販売したりするのですが、私もちょっとだけ、ブースに寄ります!

11月2日(土)午後2時半か3時くらいから、1時間ほど、早川書房のブース近辺にいますので、見かけたら、是非、お声かけてください!!

書店ご挨拶まわり(2)

書店ご挨拶まわりの続きです。

Photo_3

啓文堂書店 神田駅前店です。副店長の長真由美さんとご一緒に♪ 

啓文堂書店 神田駅前店は、早川書房のすぐそばということもあり、担当の編集の方も営業の方も親しくしているということで、アポなしなのに、とてもいい対応をしてくださり、感謝ですっ!

こちらでも、ポップを書いたら、すぐに飾ってくださいました!








Photo_4 八重洲ブックセンターでは、2Fのフロア長の木内恒人さんとビジネス書担当の柏明美さんと一緒に。

柏さんから、「久しぶりの書き下ろしですね」と言われて、ミリオネーゼの仕事術だけでなく、その後書いた稼ぐ力の育て方や思考力エクササイズ本も覚えていてくださって、とっても嬉しかったです。

八重洲ブックセンターは女性顧客が少ないそうで、このPOPが少しでも購買につながるといいのだけれど!

私は専門書を買うときは八重洲ブックセンターか神保町の三省堂が多いです。取り置きを頼むとすぐに取り寄せてくれるスピード感も大好きな書店です。




Photo_5 山下書店半蔵門店 店長の井口聡さんと一緒に、A4パネル前で!

こちらでは、A4パネルを使って展開してくださっています!

実は、オフィスがすぐそばにあるので、週1-2回は書店で本をチェックしているほど頻繁に行っているお店で、A4パネルを飾ってくださっていると…

ちょっぴり恥ずかしいです。適当な恰好をしているときにお店にいけなくなっちゃうかも!?
と、思ったり。

よく行くお店でこうして展開してくださるのは本当にありがたいですっ!!!

このほか、丸の内丸善などにご挨拶に伺いました(こちらは写真なし)。

書店の皆様がこうして場所をとってくださるからこそ、本が読者の皆様の手に届くのだと実感した1日でした。

早川書房の営業担当の今井さん、編集担当の岩崎さん、1日ご一緒してくださりありがとうございました!!

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想