« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

書店ご挨拶まわり

昨日、早川書房の営業の方と編集担当の方と3人で書店にご挨拶まわりに行きました。

出版社の方と一緒に7件、そのあと仕事で行った先で1件一人で行き、計8件回りました。昨日伺った書店は、普段から自分がよくいくお店ばかりだったので、自分がよくいくお店に本がならんでいてとっても嬉しいです。

どこも忙しい時間帯にも関わらず、非常に丁寧にご対応してくださって、また、POPを飾ってくださって、感激しました。

ベルギー出張の前に、必死になって、POPや色紙を書いて良かった~

出版から9年もたつのに、「ミリオネーゼの仕事術」の著者さんが、久しぶりに書き下ろしたので、よく覚えていますよと、お声をかけてくださったところもあって、書下ろしは6年ぶりとなるので「いくらベストセラーがあっても、無名の新人です」と何度も言われていたから、すごく嬉しかったです。まったく売れてなかったら、どうしよう~と不安に思っていたのですが、それなりに動いているようで、読者の皆様、本当にありがとうございます。

Photo こちらは、紀伊国屋書店新宿南店です。

フロア担当の石井美幸さんと一緒に、撮らせていただきました!

新宿高島屋に隣接しているため、女性のお客様が多いそう。
かくいう私も、こちらのお店には、2週間に1回ほどおります。

新宿にお買いものに行くときには、必ず紀伊国屋により、特に6Fの洋書・芸術書のフロアを見て回ります。

この階は他にない本も多いので、ついつい長居をするところ。最後はタリーズでお茶をして帰るというのがよくある週末の過ごし方です。

新刊コーナーと女性向けのコーナーの2か所で展開してくださっています!

Photo_2 2件目は、ブックファースト新宿店。
モード学園コクーンタワーの地下にあるお店です。

Eゾーンチーフの押尾賢一さんと。

A4パネルを飾ってくださっていて、広めに場所をとって展開してくださっています!ありがとうございます!!

こちらで書いた手書きPOPは男性向けのメッセージを。

何度も絵を書いているとうまくなるはずなんですが、書店で書くのは家で書くのとは違って一発勝負。

絵がちょっとイビツになってしまいました…。ご愛嬌ということで。

こちらでは、スケジュールがうまくあえば、講演会をさせていただけることになるかもしれません! もしやることになったらご案内します!

Photo_3 三省堂書店有楽町店の副店長 山川玉名さんと。

現在三省堂書店では「エコー・スマートペン」の先行予約がスタートしているということで、スマートペン(私が持っているノートとペンです!)でノートにメッセージ書かせていただきました。

ノートに描いた「文字」や「イラスト」を描いた順に、その時の音声と合わせて動画で記録・再生できるもので、ノートは専用ノートです。

書きながら喋るというのをあまりやらないため、なんだかうまくいかず、わたわたしてしまいました(汗っ)

最後は、お花とか落書き状態になってしまいました。

後でゆっくり考えたら、ホワイトボードに喋りながら書いているのと同じこと。ブレストしたり、話している内容を構造化してまとめるような使い方をすれば「わたわた」しなかったんだっ!と思いましたが、時すでに遅し。

お客様先でホワイトボードの写真をよく撮るので、そういう状況で使えるものだと思いました。もう一度有楽町店に行って試してきます!

三省堂書店有楽町店も、月3~4回行く書店です。土日は交通会館前にマーケットが出るので、それを目当てに、ついでに書店によるという感じで行きます。その時に必ず北海道物産展でソフトクリームを食べる私(笑)。

スマートペンを試しに行く機会は1週間もせずにありそうな感じです。

書店ご挨拶まわりの続きはまた後程。

2013年10月29日 (火)

ブロガーの鏑木さんとikadokuさんからも書評いただきました!

出版社が献本してくださったようで、「鏑木保ノート」と「活かす読書 」で書評を頂きました!

何か1つでもお役に立てるポイントがあったようで、本を書くのは大変な作業でしたが、書き下ろして良かったなぁと思います。

鏑木さんは、タイトルがいいと書いてくださったのですが、「じ~ん」と来ました。

それは、タイトルがなかなか決まらなくて、それこそ印刷所に入稿する直前まで議論があり、決まらなかったこと。私からは全部で30を超える案を出しましたが、どれもボツで、「どーするんだ~」と夜中に叫んだこともありました。

最終的には、以前書いた「稼ぐ力の育て方」に、「考えながら走る」ということについて書かせていただいたので、それをタイトルにすることで決まりました。

元オリンピック選手の為末氏が「走りながら考える」という本を出していたので、それとかぶるのではないか?とか、それはそれはいろいろと議論がありました。

……というようなことが思い出されて、「いいタイトル」と書いてくださって「じ~ん」としました。

ikadokuさんの書評の最後に「Miss a meal if you have to, but don't miss a book.」とあるのですが、私もホントに読書が多いです。

本がないとそわそわ。気づくと週末も書店に行くことが多いです。

本が好きな人に書評を書いていただけて、とても嬉しいです。

ありがとうございます!!

2013年10月28日 (月)

人気書評ブロガーsmoothさんに書評いただけました!

人気書評ブロガーのsmoothさんが、書評を書いてくださって、とても嬉しいです!

びっくりしたのは、TIAA協奏曲ヌーベルバーグ2013のYOUTUBE映像のリンクが張られていたこと。

このYOUTUBEが存在することを、私は知りませんでした!

グリエールのコロラトゥーラソプラノのためのコンチェルトは、昨年秋からどうしてもオーケストラと一緒に演奏したくて、あちこちのオーディションやコンクールを受けたり、そのあいだにこの難曲を練習して、準備しました。

ロシアの荒涼感が出ないと、途中、真冬のモスクワ・サンクトペテルブルクに旅立ってしまったり……。

で、ブログにも書きましたが、真冬のロシアで、なんとホテルに暖房が入っていなくて、めちゃくちゃ辛い冬となりました。もれなく、ロシアの荒涼感ばっちり歌えるようになりましたが。

 

そんな思い出がたくさん詰まっている曲なので、映像を見て、涙が出てきてしまいました。

仕事も佳境を迎えた中、この本の企画書を詰めたり、サンプル原稿を書きながら、演奏したことを思い出します。

いつも読んでいる人気書評ブロガーsmoothさんのブログに著書を紹介していただけただけでなく、この曲もご紹介くださって、本当に嬉しかったです!

2013年10月22日 (火)

最近またThe Japan Timesを買うようになりました

1382092858381.jpg先週からまたThe Japan Timesを買うようになりました。

理由は、ニューヨーク・タイムズと提携して「ジャパンタイムズ/インターナショナル・ニューヨーク・タイムズ」となったから!

両方読めるので、お得感がいっぱい。

スマホにしてから、Fluent Newsを使っていて、ABC, BBC, CBS, Chicago Tribune, AlJazeera, CNN, Economist, Time, US Weekly, Washington Postなどをよんでいました。

が、Fluent Newsが今年の春サービス終了。

どうしようかなぁ~と文句をいろいろと言いながらも、News360などを使っていたのですが、両方読めるなら断然紙媒体の方が目に優しいし、読みやすい!ということで、The Japan Times復活!

そろそろ1週間になりますが、今のところとても満足しています。

2013年10月21日 (月)

大統領の料理人

Photo先日茅野みつるさんとご飯をしたときに、「絶対見たほうがいい!」と話題となった「大統領の料理人」。

週末に見てきました!

内容(映画.comより)
「フランス最後の国父」と称されるフランソワ・ミッテラン大統領に仕えた、仏官邸史上唯一の女性料理人ダニエル・デルプエシュの実話をもとに、大統領のも とで働く女性シェフの奮闘を描くドラマ。片田舎のレストランを経営しているオルタンスは、ミッテラン大統領の指名によってエリゼ宮のプライベートルームに 迎えられる。オルタンスは、規律に縛られた男社会の厨房で孤立しながらも、ひたすらに料理の味を追求。やがて、オルタンスの情熱が冷え切っていた厨房を刺 激していく。監督は「恋愛小説ができるまで」のクリスチャン・バンサン。

冒頭で出てきた、サヴォワ産のキャベツとサーモンのファルシ。
くぅ……。おいしそう。

レシピ本を暗記するほどお料理好きな大統領が、食事療法で行き詰った(であろう)ときに、キッチンにこっそりお忍びでやってきたときに出された、軽くトーストしたパンに、トリュフ入りバターを薄く塗って、スライスしたトリュフを隙間なく敷き詰めたもの!

あぁ……。食べたい……。
間違いなく、映画館にトリュフの香りがしました。口の中に、トリュフが広がっていって……。

お腹がすいてすいてたまらなくなる、おいしそうな料理の数々に、倒れそうになりながら(お腹がすいているときに見てはいけない映画です)、男性優位の職場で孤軍奮闘するオルスタンスの姿に、「私も若いときそんなことがあった~」と、自分の過去を思い出して、ちょっぴり涙しながら、お腹がぐぅ~となったり、なんとも忙しい映画でした。

どんな状況でも自らの仕事に誇りを持つ彼女はくじけないし、新たしいことにチャレンジし続けるオルタンスの姿に、元気をいっぱい貰いました。

前述の大統領がお忍びでやってきたときに、いじめられまくっていたオルタンスに「人生のトウガラシだ!」といい、逆境だからこそがんばれるというお話をしていたときの、セリフにも、じーんときてしまいました。

最後にオルタンスが大統領へ綴ったお手紙に、「報われることの少ない仕事でした…(中略)…でもあなたのために働くのが好きでした。」とあるのですが、私も職場で激しいイジメを受けたけれど、とても上の方にいた方がよく分かってくれていて、支援してくれたときのことを思い出して、ボロ泣き。

そう、いじめられたってなんだって、同じ想いをシェアしている、同じ方向を見ている人がいれば頑張れる!

茅野さんにいい映画教えていただきました。感謝っ!!

2013年10月18日 (金)

天彩会展に行ってきました

1382092811150.jpg友人の北岸経子さんが出品している第7回天彩会展を見に、渋谷へお出かけしてきました。

メイ・ポールという作品は、色使いがとても優しくて、この車の描かれ方がとっても好きです。

かなり大きな作品で、いったいどれだけ時間がかかったのかしら!?と、その大きさにまず驚き、そして、木々の厚みがあるのだけれど、なんともさわやかな優しい色合いに、北岸さんの優しい性格がそのまま出ているようで、ホンワカ気分になりました。









1382092815647.jpgもう1点、LIERREという作品も出品されていました。

紅葉がすごくキレイ!

通り抜けた先の景色がどんなものなのか、妄想してしまいそうな、絵ですね!!

実は、毎回、北岸さんの作品以外にも楽しみにしている方がいらっしゃるのですが、今回もその方の作品がとっても素敵でした。

鈴木恵美子さんの「お茶の時間」。

彼女の紫の色使いがとっても好きで、今回もその紫を基調としたモロッコの女性を描いた作品。

影なのか光なのか。どちらともとらえられるような紫の使い方が大好きです。

来年も楽しみです!

2013年10月16日 (水)

達人.tvの収録でした

Tatujintvintv昨日は、達人.tvという起業家のためのインタビューの収録でした。

ハロウィーンにはちょっぴり早いのですが、リリースの頃は、ハロウィーンということで、ハロウィーンの帽子をかぶっての収録でした。

ハロウィーンの小道具があって、インタビューアーの鉾立由紀さんが魔女メイクをしている横で打ち合わせをさせていただいている間に、気分が盛り上がってきて、とっても楽しいインタビューとなりました。

本日発売の本より、「リカバる力」についてお話したり、大きなビジョンを掲げない(小さい日々できるような目標は掲げていますが)考え方についてなど、4回分の収録でした!

来週水曜から4回シリーズでリリースだそうです!

新刊「考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」」発売となりました

5ways本日、早川書房より新刊「考えながら走る―グローバル・キャリアを磨く「五つの力」」が発売となりました。

書下ろしは6年ぶりです。

2004年に書いた「ミリオネーゼの仕事術【入門】」の続きを読みたいと読者の方々から言われていたのですが、なかなか書けないまま9年もたってしまいました。

今までの本は、20代の方向けでしたが、今回は、私がマネジャー→部長クラスにあがっていく中で身に付けてきたスキルについて書かせていただいています。

自分の20代~30代の軌跡をこうして文字にしてみると、「なんてアホなことばかりしてきたんだろう?」と恥ずかしくなることもたくさんあるのですが、編集の方から「そういうことをどんどん書いてください」と言われて、初披露エピソードも盛り込みました。

ミリオネーゼ…を出した頃には、9年後こんな生活が待っているとは思っていなかったのですが、9年経つと人はこんなにも変わる(変わってないところもある?)と感じていただける1冊になっているといいなぁ~と思っています。

書店で見かけたら、是非、お手に取ってみてください!
#手書きPOP作りもがんばりました♪

Amazon.co.jp(内容紹介より)

日本にとどまらず、世界でも活躍したい人のための仕事術! !

華麗なキャリアに見える著者だが、
新卒での就活では200社以上から返事すらもらえなかったり、
契約社員で働いたり、突然解雇されたり……。

そんな紆余曲折を経て、世界のリーダーに選ばれた著者は、
どんな困難な局面においても、常に考えアクションをする。

「走りながら考える」著者の生き方が、キャリアを創っている。

キャリアはスゴロクのようにあがりはない。

社内で生き残る、転職する、独立をする。


仕事をし続けるための「5つの力」を紹介。

「5つの力」とは……
・選択肢を生み出す力
・成果が出る勉強力
・危機からリカバる力
・結果が出せる現場力
・未来を創る進化力

(しばらくトップ表示にさせていただきます)

2013年10月 5日 (土)

ベルギーに行っていました

1380977966768.jpg今週はベルギーへ行っていました。

もうすっかり秋。紅葉が始まっていて、朝はかなり寒く感じました。

お部屋からの眺めです。空が秋っぽいですね。

ウィーンのときも偶然3ブロック先に母校Sacred Heartの学校があったのですが、今回もSacred Heartのすぐそばでした。

 

1380977964929.jpgEU本部前です。

朝は寒かったけれど、午後はお天気がよくて、帰りは近くの公園を通り抜けて帰ってきました。

The Xenophobe's Guide to the Belgiansには、ベルギー人の6割は、ベルギーに生まれたくなかったと答えていると書いてありましたが、治安もいいし、住みやすいところで、私は結構好きです。

仕事でよく行っているからかもしれませんが……。

1380977965869.jpgベルギーといえば、チョコレート。

秋らしい可愛いフクロウのチョコレートがディスプレイされています。

残念ながら、チョコレートにはニッケルが含まれているので、私は食べられないけれど(食べるとしても、全身型なので、2週間後にステロイドを使うことを覚悟すれば、食べられるけれど)、お土産にいっぱいチョコレートを買ってきました。

これからしばらく会う人会う人には、チョコレートが渡されることになるでしょう!

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想