« (Book)バウルを探して―地球の片隅に伝わる秘密の歌 | トップページ | (Book)経営戦略全史 »

2013年5月13日 (月)

(Book)パリでメシを食う。

Photo_2

川内有緒さんの「バウルを探して」で著者に恋に落ちてしまったので、他の作品も探したところ「パリでメシを食う。」が出ていたので、さっそくゲット。

今日、電車でも外でも歩きながら本を読んでいた人を見かけたら、それはきっと私(笑)。階段を踏み外しそうになりながら、すごい勢いで読んでしまいましたっ!(危ないからやめないといけないんですが……)

内容(「BOOK」データベースより)
三つ星レストランの厨房で働く料理人、オペラ座に漫画喫茶を開いた若夫婦、パリコレで活躍するスタイリスト。その他アーティスト、カメラマン、花屋、国連職員…パリにいつのまにか住み着いた日本人10人の軌跡。時にセーヌ川のほとりで、時にワインを片手に、彼らが語る軽やかでマイペースなパリでの暮らしぶりに、思わず肩の力がふっと抜ける好著。

食の話かと思ったら(すみません、何も見ずにタイトルと作者名だけでゲットしてしまったので)、なんとパリで生活をしている(=メシ代を稼ぎ出せている)人たちのお話。

スタイリストの方の「プロと最終地点」という項目には、ものすごーく考えさせられました。

私は音楽家としてプロだと思えるようになったのは、ベルフィルの研修生に合格したり、1枚も招待券を配らず、100人単位で集客ができるようになった頃からでしょうか。

いつになったらプロと言えるのか、お金を稼げてればそれでプロなのか? という疑問に対して、この本では

「制約とかやりたくないこととかあるけど、その中で自分のやりたいことをやれるのがプロ。いかなる条件でも一番いいものを残せるようになったらプロ……(以下、略)」

と書かれてあって、なるほど~と叫んでしまいました。(電車の隣の席の方、びっくりさせてごめんなさい)

手仕事に情熱を燃やすテーラーでは、幼馴染を思い出す。彼は、イギリスへ単身わたって、有名なお店でテーラーとなって、凱旋帰国を果たした。その彼に、なんだかちょっぴり似ている。

不法占拠アトリエで自由になったアーティストはあこがれる生き方ではあるが、きっと私にはできない。あまりにも日本人的な考え方にとらわれ過ぎていて、私はこうあるべき。と枠にはめたがっていて、枠からちょっとでも出ると不安になってしまうから。

そんなことを言いながら、仕事を捨てて、イタリアやウィーンに行っちゃうあたり、私は大きな矛盾を抱えているのだけれど。

イタリアのときは、お金を稼ぐのは想像以上に大変だったのですが、ウィーンでは、歌うことでお金が入ってきて、アパート代も出せちゃったんで、「こんな生き方もあり!?」と思ってしまいました。

・・・と言いながら日本で手伝っていた仕事がトラぶって急きょ帰国したまま、日本がまたベースになっている私ですが。

そんな矛盾を抱えながら生きるのも、「人はどうにでも生きられる」というこの本のメッセージが、背中を押してくれるようなそんな気がしてたまりません。

ますます、著者に会いたくなりました。

« (Book)バウルを探して―地球の片隅に伝わる秘密の歌 | トップページ | (Book)経営戦略全史 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/57376937

この記事へのトラックバック一覧です: (Book)パリでメシを食う。:

« (Book)バウルを探して―地球の片隅に伝わる秘密の歌 | トップページ | (Book)経営戦略全史 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想