« 【舞台】マリオネットオペラ:ドン・ジョヴァンニ | トップページ | 【美術】マリオネットの展示会 »

2012年1月11日 (水)

【音楽】スメタナとドヴォジャーク

Ceskemuzeumhudbyプラハまで来て、スメタナとドヴォジャークをチェックしないわけはありません。

昨年ドヴォジャーク生誕170周年だったので、昨年の8月6日から今年の2月29日まで、チェコ国立音楽博物館(České muzeum hudby)では、ドヴォジャークの特別展をやっています。マルチメディアをうまく使ってドヴォジャークの人生を展示するというやり方で、これでもか〜という程、ドヴォジャークの作品、写真が展示され、彼がどれだけ敬虔なカトリックだったか、いい父親だったか、個人主義だけれど、すぐにかっとなるけれど、心優しい人だったかという、音楽家としてだけではない展示に興奮してしまいました。鉄道マニアだったことも初めて知りました。

もちろん、交響曲9番「新世界から」も流れていました。

12月にルサルカをみたばかりですが、こちらを先に見てから、ルサルカを見たらもっと違った観点でオペラを楽しめたかも!とちょっと残念。機会があればまたルサルカを見たいです。

Dvorak実は、こちらを見に行く前に、ドヴォジャーク博物館とスメタナ博物館の方にも行きました。常設でやっているところを先に見ておかないと、特別展示の方がゴージャスだろうから...という読みがあっていて、良かった! プラハ城からだと、チェコ国立音楽博物館の方が近かったのですが、順番間違うとがっかりするかも...と思い、トラム22番でダイレクトに行けるので、ドヴォジャーク博物館へ行き、スメタナ博物館へ行き、そして、チェコ国立音楽博物館へ行きました。行ったり来たり感はあるのですが、この流れで正解だったようです!


Photo_2スメタナ博物館は、直筆のメモや遺品がたくさん展示されていました。50歳頃から聴覚を失い始め、公職を離れて、それでも作曲活動を続け、連作交響詩「わが祖国」を書いたのは有名な話しですが、第2曲の「モルダウ」は、山奥の源流からプラハへ流れる川の情景を描いていて、スメタナもまた祖国を思いながら活動していたのだと、改めて思いました。リストの協力を得てプラハに音楽学校を設立した経緯なども、こちらの博物館では展示されていました。そういえば、ブタペストにあるハンガリー音楽院まで行ったなぁと、思い出しました。

チェコものはスメタナのモルダウしか歌ったことがないのですが、これを機会に、ヤナーチェックやドヴォジャークなど、歌ったことの無い曲にも挑戦してみたいなぁ〜と思いました。...ドイツ語もままならないのに、他の原語に手を出していいのだろうか!?

« 【舞台】マリオネットオペラ:ドン・ジョヴァンニ | トップページ | 【美術】マリオネットの展示会 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/53730662

この記事へのトラックバック一覧です: 【音楽】スメタナとドヴォジャーク:

« 【舞台】マリオネットオペラ:ドン・ジョヴァンニ | トップページ | 【美術】マリオネットの展示会 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想