« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月29日 (金)

【音楽】チャリティコンサート

Rimg12061_2
4月21日に開催したNPO Instrument for Childrenのチャリティコンサートは無事終了。演奏終了後のピアニストの菊地さんとの2ショットです。

多くの方にお越し頂き、多額の寄付を頂きました。頂いたお金で5月13日に被災地にて避難されている皆様へ「福島ミニコンサート」を開催するそうです。出演のお誘いを頂いたのですが、海外出張の関係などから残念ながら私は出演できませんが、主催の山口さんをはじめ、ご一緒させていただいたミキ_サカタさんなどが出演されます。

詳細はNPO Instrument for Childrenのサイトで。

日時    5月13日 金曜日 13時~15時
会場     福島市内のあづま総合公園体育館エントランス

2011年4月17日 (日)

【音楽】4月21日にチャリティコンサートに出演します

Photo4月17日にこの曲目を選んだ理由などを追記しております。尚、開催まで記事がトップになるように動かしています。

NPO Instrument for Childrenでは、以下を掲げ活動されており、その趣旨に賛同し、チャリティコンサートに出演させていただきます。

東北関東大震災で被災した方々が早期復興へと勇気づけられるよう、 「音楽を通して楽しむ」という活動を通して 共に気持ちを分かち合える「瞬間作り」を積極的に行っていきたいと考えております(ホームページより)

コンサートの詳細情報
日時: 2011年4月21日(木)
午後7時開演 
場所:  渋谷アクタスアンナホール  (渋谷駅 徒歩5分)
東京都渋谷区道玄坂1-15-9 中野貿易ビル 03-5458-2512
入場寄付金 3,000円 なお、入場寄付金はすべて、I4C主体にて、被災地の復興支援の活動資金にあてます。

伴奏は、仙台出身のピアニスト、菊池沙織さんにお願いしました。ご親族を津波で亡くされた菊地さんより、当日ご出席の皆様へお伝えしたいメッセージがございます。会場でお聞きください。

今回の震災で感じたことを曲として表現して欲しいというリクエストがありました。
演目を悩んだのですが、下記5曲を選びました。

桜の季節ということで、中田喜直の「さくら横ちょう」でスタートします。「すぎた恋はなまじ取りもどそうとするものじゃない」と歌うこの曲は、「過ぎてしまったことを思い悩むよりも、もうあの頃は帰って来ない」と都会的なクールな、しかし、過去への未練も若干のこっている、そこが人間である、という感じの曲になっています。忘れるには忘れられない。でも、前にすすんでいないといけない春の季節は今私たちがおかれている季節なのかもしれないと思い選びました。

その後、バッハの「G線上のアリア」とアーンの「クロリスへ」を演奏します。バッハの「G線上のアリア」は皆様におなじみの曲だと思います。そのバッハの曲をパロディったのが、アーンの「クロリスへ」です。バロックの良さを残しつつ、アーンがアーンの時代にぴったりの曲として作り出した「クロリスへ」。復興に向け、古い良いものも残しつつ、新しいものを生み出すようにと願い、この2曲を選びました。

最後の2曲は、オペラのアリアより。クレオパトラもクネゴンデも、苦境を超えていく女達です。弱いところもあるけれど、強く生きたい。そんな願いをこめてこの2曲を演奏します。

秋山の演目
中田喜直作曲 歌曲「『マチネ・ポエティク』による四つの歌曲」より「さくら横ちょう」
バッハ作曲 G線上のアリア
アーン作曲 クロリスへ
ヘンデル作曲 オペラ「エジプトのジュリオ・チェザーレ」より”つらい運命に涙はあふれ"
バーンスタイン作曲 オペラ「キャンディード」より"着飾ってきらびやかに"
ピアノ・伴奏: 菊地 沙織

自分にできることはあまり多くないけれども、何かせずにはいられない。そんな気持ちに駆り立てられる毎日ですが、自分ができることを1つずつやっていきたいと思います。

【音楽】Un pour tous, tous pour un (デュマ「三銃士」より)

ゆり子先生が震災後ご自宅でレコーディングされた曲「ともだちはいいもんだ」がyoutubeにアップされていたのを聞きました。

デュマの三銃士からの詞
Un pour tous, tous pour un
一人はみんなのために、みんなは一人のために

素晴らしい詞とキレイな曲&声に心が癒されます。

なんだか涙が出てきました。

即席で、さくっとこれだけのレベルの音楽を録音できてしまうゆり子先生もすごいです。。。

2011年4月14日 (木)

HOPE100: チャリティセミナーのご案内

HOPE100(ホープワンハンドレッド)は、東日本大震災チャリティセミナーを開催するプロジェクトです。講師・運営スタッフ・会場、全て無償で参加しているので、売上は100%寄付にまわります。
「被災地が100%の希望で満たされるように」という想いを込めて、単発ではなく継続的に開催。計100本のチャリティセミナー開催を目指します。

セミナー×チャリティーという新しい寄付の形です。

また、被害のひどかった岩手や気仙沼に、震災直後から現地入りし支援をしているビジョンネットやピースウィンズジャパンを通じた寄付という、寄付先が明確です。

このような目的を持ったHOPE100の活動に賛同し、講師致します。是非、皆様、お越し下さい。

講演詳細:
某外資系企業の部長がプロのソプラノ歌手!?「ワークライフバランスの極意」
■日時:2011年4月16日(土)16:30-18:00(開場16:15)
■場所:ビジョンセンター日本橋 5F 504会議室(銀座線・半蔵門線三越前駅徒歩1分)
    http://www.visioncenter.jp/nihonbashi/
※部屋は変更になる場合がありますので、会場内の掲示をご確認下さい。
■定員:50名 ※状況により定員を増やす場合があります。
■参加費:2,000円(HOPE100特別料金)
※全額をチャリティとして下記団体に寄付します。
■当イベントチャリティ先:ビジョンネット
※同団体を通じて、被災地(宮城県南三陸町など)の支援に活用される予定です。
 被災地での支援活動の様子はこちらをご確認下さい。

2011年4月11日 (月)

【ドラマ】三国志 第五部 奸雄終命 (第58話〜73話)

Photoいよいよクライマックス。いよいよ3国が国盗り合戦を繰り広げる。そして超A級プレイヤーであった関羽が自害。自害するなら、500−1000の相手の騎馬も道ずれにするのが、関羽じゃないのか!? と、ちょっと残念に思ってしまったけれど。。。

そして、曹操も病気で死ぬのが、この第五章のクライマックス。曹丕に後を継がせるが、なんだか心配な曹丕ちゃん。。。 と、思わせるエピソード満載です。

呉は全然人材がいないので、自分たちは劉備と曹操が戦ってくれれば生き延びられるとみているし。。。そういう考え方をするところは、策略家であり、嘘を突き通す、その能力も必要なのだと見ていて思います。

二代目はイマイチよくないので、残念だねえという話をしていたら、そうです、いました。「司馬家」ですよ!

優秀なあと継ぎをつくるというのはいつの時代も難しいのですね。。。

過去の三国志ねたです
三国志 第四部 荊州争奪 (第43話〜57話)
三国志 第三部 赤壁大戦(第33話〜42話)
三国志 第二部 中原逐鹿(第19話〜第32話)
三国志 第一部 群雄割拠(第1話〜第18話)

2011年4月 8日 (金)

【本】グローバルキャリア ユニークな自分の見つけ方

Globalleader石倉洋子さんの新刊「グローバルキャリア ユニークな自分の見つけ方」が発売されました。

内容紹介(Amazon.co.jpより)
誰にも大きな可能性が開かれている 今日から新たな一歩を踏み出そう!

自分の「ユニークさ」を見出し、グローバル市場で活躍できる人材になるためには、キャリア戦略をどう考え、何をしたらいいのか。自分を「オープン化」して広い世界に目を向けて、「ORをANDにする」切り口で自分の「ユニークさ」を見出すというプロセスが求められる。
「オープン化」「ORをANDにする」「ユニークさ」という3つのキーワードを軸にして、キャリアビジョンを実現していく方法を、ビジネスプロフェッショナルたちの具体的な事例やトレーニングのコツを交えて指南する。また、通訳、戦略コンサルタント、大学教授というキャリアを歩んできて、さら
なるチャレンジをしようとしている著者自身のキャリアの軌跡も大変参考になり、大いに元気づけられる。

石倉さんがこの本を書かれていたのは知っていたのですが、そして、いろいろと情報収集しながら、試行錯誤をされていたのも、ご本人から聞いたりブログで読んだりして知っていたのですが、まさか自分が出てくるとは思いませんでした。(もちろん本が出る前には聞きましたが)第四章に事例として取り上げてくださっています。

石倉さんとは何年か前の国際セミナーで一緒にパネルディスカッションをしたときに出会い、以降、それがご縁で一橋の大学院博士後期課程へ進学することになったり。。。と、おつきあいが続いています。

この本では石倉さんご自身のキャリアについても触れられていて、実は私もあまり知らなかったことではあるので、今更ながらに「そうだったんだ〜〜」と思うことがいろいろとありました。私のキャリアの考え方と近い部分と遠い部分と両方が分かり、また、根本に書かれている「オープン化」「ORをANDにする」「ユニークさ」の3つは共通しているので、だから毎回話が弾むのだと改めて思いました。

自分から遠いところにあるものからどれだけ吸収して自分を成長させ、会社を成長させるか。それが今の私の課題なので、そういう視点で石倉さんが書かれた本を読むと、改めて、自分に足りないものが見えてきます。

混沌としている時代だからこそ求められる本なんだと思いました。

【アイディア商品】妊婦にも安心なネイル

Kyotonail京都に出張でバス乗り場を探してうろうろしていたときに見つけちゃいました!! こんな面白いものがあるのねっ!!!

UEBA ESOの胡粉を使った妊婦でもこどもでも安心して使える1日ネイル。

京人形や日本画の絵の具の原材料を使った胡粉。天然素材の優しいネイルケア製品を作ってしまうというのがすごい!

基本はONE DAYのようで、リムーバーも消毒用アルコールでいいというのは何よりも、妊婦や小さいこどものいるおうちにはいいですよね。

ちなみに、私はジェル派です。某所では私は多額のお金をサロンに払っているという噂が流れているようですが、もう2年ほど、自宅で自分でジェルやってます。パートナーが触ってチェックして、いいんでないのぉ〜など、そんな会話をしながら、「コスト削減」をしています。いろいろつかってみて、ジェリッシュが一番お手軽。気合いを入れるときには、バイオジェル(元々の開発もとで長期に渡ってジェルを作っている会社なので)。

14%の人しかジェルを自分でやってないそうですが、コストパフォーマンスはいいんだけどなぁ〜と思いました。

それにしても、このネイルのアイディアはすごい。(いろみがすごのでちょっとひいちゃますけど)

2011年4月 6日 (水)

HOPE100チャリティセミナーの告知のご協力

友人達がHOPE100のチャリティセミナーの告知をあちこちでスタートしてくださっています。

全部は網羅できていないかもしれませんが、ご紹介です。

1) 石倉洋子先生が「チャリティ・イベントーグローバルキャリア(その2)」で、本チャリティセミナーのためになんと10冊の新刊を寄付してくださるそうです。早期登録(4月11日まで)の方の中から抽選でプレゼント!という特典付です。また、先生は10人ご招待するということで、先生のブログまでアクセスして、確認してみてください!!

2) 同じくソプラノ歌手で某社広報で働く鈴木亜希子ちゃんが「秋山ゆかりさんチャリティーセミナーのお知らせ」をアップしてくださいました。

3) ROOM TO READの活動を積極的に推進されている元クラランスマーケで現在外資系で勤務されている今西さんが「チャリティイベントのお知らせ」を出してくださいました。今西さんもご参加くださるようです!

この他、facebookやmixiやtwitterを使って、多くのご友人がサポートしてくださっています。また、パソナさんは登録者向けに一斉に告知メールを7日に送ってくださるとのことで、先ほど原稿チェックhしたばかりです。パナソニックの方にもご相談したところ、社内でご紹介してくださるとのこと!

企業の方々もこうしてサポートしてくださっており、本当にありがたい限りです。

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想