« 【ドラマ】三国志 赤壁大戦 第33話〜42話 | トップページ | 【イベント】Galette des Rois »

2011年1月13日 (木)

【本】神様のカルテ2

Photo昨年、あまりに感動してしまい、いろいろな方にプレゼントをしていた「神様のカルテ」の続編、「神様のカルテ2」を読みました。

内容説明(amazon.co.jpより)
医師の話ではない。人間の話をしているのだ。
栗原一止は夏目漱石を敬愛し、信州の「24時間、365日対応」の本庄病院で働く内科医である。写真家の妻・ハルの献身的な支えや、頼りになる同僚、下宿先「御嶽荘」の愉快な住人たちに力をもらい、日々を乗り切っている。
そんな一止に、母校の医局からの誘いがかかる。医師が慢性的に不足しているこの病院で一人でも多くの患者と向き合うか、母校・信濃大学の大学病院で最先端の医療を学ぶか。一止が選択したのは、本庄病院での続投だった(『神様のカルテ』)。新年度、本庄病院の内科病棟に新任の医師・進藤辰也が東京の病院から着任してきた。彼は一止、そして外科の砂山次郎と信濃大学の同窓であった。かつて“医学部の良心"と呼ばれた進藤の加入を喜ぶ一止に対し、砂山は微妙な反応をする。赴任直後の期待とは裏腹に、進藤の医師としての行動は、かつてのその姿からは想像もできないものだった。 そんななか、本庄病院に激震が走る。

1作目よりも、さらにいい作品でした。

興味を持っていただいた方には、ご自身で読んでいただきたいため、ネタバレするのであまり沢山は書きませんが、「命とは何か?」「生きるとは?」「死ぬということは?」「愛するということは?」という、根本的なことが描かれています。そして、それは、主人公の一止だけでなく、登場人物すべてが、それぞれの生き方でそれを描いています。だからこそ、これだけ、多くの人の心を打つのだと思いました。

「人が死ぬということは、それで何か片付くということではない。新たな何かが始まるということですらない。大切な絆がひとつ、失われるということである。そのぽっかりと空いた空虚は何物によっても埋められない」

先日、伯父が他界したのですが、伯父と仲の良かった伯母がとても落ち込んでいて、その伯母に私は何もしてあげられないのだけれども、この本を贈ろうと思いました。

« 【ドラマ】三国志 赤壁大戦 第33話〜42話 | トップページ | 【イベント】Galette des Rois »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/50579450

この記事へのトラックバック一覧です: 【本】神様のカルテ2:

« 【ドラマ】三国志 赤壁大戦 第33話〜42話 | トップページ | 【イベント】Galette des Rois »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想