« 【コンサート】SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra | トップページ | 【コンサート】ショパン・シューマン生誕200年記念コンサート終了 »

2010年10月20日 (水)

【コンサートのご案内】10月21日「ショパン・シューマン生誕200年記念コンサート」

いよいよ明日となりました。今回は、10月10日に好評だったソロコンサートの第一部のプログラムをベースに、若干アレンジを加えています!

101021chopinschumann_2突然出演が決まったのですが、10月21日「ショパン・シューマン生誕200年記念コンサート」@すみだトリフォニー(小)に出演します。

今年はショパン&シューマンの生誕200年の年で、この2人の作曲家をテーマにコンサートが多数開かれております。このコンサートでは、ショパンのピアノ曲とシューマンの歌曲をやる予定だそうですが、ショパンの歌曲でソロコンサートのプログラムを作っていることもあり、お声がかかりました。急ですが、いい機会かな?と思い,出演することにします。

10月頭には読売新聞でもこのコンサートの広告記事が出るそうです!

コンサートの詳細情報
日時: 2010年10月21日(木) 19:00開演 18:30開場
すみだトリフォニーホール小ホール
住所:〒130-0013 墨田区錦糸1-2-3
TEL: 03-5608-5400(代)
最寄駅
JR総武線「錦糸町駅」北口より、徒歩3分
東京メトロ半蔵門線「錦糸町駅」3番出口より、徒歩5分
都営バス「錦糸町駅」下車 徒歩3分
地図はこちらです

入場料:3500円

チケット取り扱い: JILAチケットセンター Tel&Fax:03-3356-4178

演目(秋山が歌うもののみ記載させていただいております)は以下の通りです。今回はショパンをめぐる女達をテーマにプログラムを作りました。

F.ショパン作曲
17のポーランドの歌 「願い」 作品74−1 
練習曲第三番 別れの曲 (ピアノ曲ではなく歌曲です) 
17のポーランドの歌「愛しい人」作品74−12
ワルツ 第10番 ロ短調 作品 69-2 
17のポーランドの歌「春の歌」作品74−2 
ワルツ 第6番 変ニ長調 「子犬」 作品64−1
17のポーランドの歌「メロディ」作品74−9

ピアノの詩人と呼ばれたショパンが、歌曲を残していたことはあまり知られていません。ショパンは人に見せるものではなく、自分の気持ちを的確に表現している詞を自分のために歌曲として残しました。

簡単な曲の解説
17のポーランドの歌 「願い」 作品74−1
ショパン初恋の曲。「もしも私がお日さまなああなたのだけのために輝くわ...小鳥ならあなた一人のためだけにさえずるの」と歌うこの曲は、初恋の相手、コンスタンツィアへの一途な思いを現しています。


練習曲 第3番 「別れの曲」 ホ長調 作品10−3
映画「別れの曲」でコンスタンツィアとショパンの別れを描き、日本では「別れの曲」として知られています。(事実と映画の内容は異なります)

17のポーランドの歌「愛しい人」 作品74−12
遠距離恋愛中の婚約者マリア・ヴォジンスカへ送った曲。「私はただその声を聞きたいだけ! ...ただ口づけをしたいだけ!」と強い想いを歌っています。16歳のマリアにとっては、たった1ヶ月ピアノの先生として教えてくれたショパンから、こんな曲を貰ったら、「この人大丈夫!?もしやちょっとストーカー入ってる?」と思ってしまうのではないでしょうか!?

ワルツ 第10番 ロ短調 作品 69-2
コンスタンツィアに出会った頃に作られた曲ですが、なぜか別れのワルツと一緒にマリアに送った作品。ショパンは、コンスタンツィアと別れた時に作ったノクターン(遺作)もマリアに送っています。ショパンらしい陰影のある優雅なメロディが魅力の作品です。

17のポーランドの歌「春の歌」 作品74−2
マリアとの恋に破れたショパンがサンドと出逢い心を癒されて行く日々に作った曲。「露のしずくがすべてを輝かせてくれる..私は楽しくなって美しく香る牧場を見渡す」と、美しい景色の描写の中で、ショパンが幸せを歌っています。

ワルツ 第6番 変ニ長調 「子犬」 作品64−1
サンドとの破局を感じ始めた時期に書かれた作品。子犬が居ればサンドとの仲もうまくいくのではないか!?という希望的観測からつれて来られた子犬。サンドにせがまれ曲を作ったそうです。が、子犬では修復不可能なほどサンドとの距離は開いていて、妙に軽快な旋律が涙を誘う曲です。

17のポーランドの歌「メロディ」作品74−9
ショパン最後の歌曲。「人生の宴の席に一度も加わる事なく、やがては忘れ去れてしまうのだろう」と歌うのは、サンドと別れ、一人で新たな道を歩みださねばならないと決意しながらも、自分の未来はもうないのではないかという不安を強く抱いているショパンの気持ちをよく現しています。


簡単な解説を読んでいただくと分かるように、ショパンをめぐる3人の女性をテーマにプログラムを作りました。偉大な作曲家も普通の男性だったんだなぁと思う詞や旋律をどうぞお楽しみください!

チケットは私から購入も可能です。その場合は、プロフィールのページにあるメールアドレスに、お名前と住所をご連絡ください。郵送あるいは受付留め置きでの対応が可能です。

追記:コンサートまでこの記事がトップになるように定期的に動かして行きます。


« 【コンサート】SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra | トップページ | 【コンサート】ショパン・シューマン生誕200年記念コンサート終了 »

コンサート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/49586327

この記事へのトラックバック一覧です: 【コンサートのご案内】10月21日「ショパン・シューマン生誕200年記念コンサート」:

« 【コンサート】SARAH BRIGHTMAN in concert with Orchestra | トップページ | 【コンサート】ショパン・シューマン生誕200年記念コンサート終了 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想