« 体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食 | トップページ | 隅田川花火大会 »

2010年7月29日 (木)

かたみ歌

Photo朱川 湊人氏の「かたみ歌」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
忘れてしまってはいませんか?あの日、あの場所、あの人の、かけがえのない思い出を。東京・下町にあるアカシア商店街。ある時はラーメン屋の前で、またあるときは古本屋の片隅で―。ちょっと不思議な出来事が、傷ついた人々の心を優しく包んでいく。懐かしいメロディと共に、ノスタルジックに展開する七つの奇蹟の物語。

短編集なのでまず読み易い。しかし、読み進むと、短編だけれども、すべてが繋がっていることが分かる。そして、最後に「あぁ〜、そういうことだったのか」と納得する。さすがすぎる。「花まんま」よりもずっとずっと構成力があがっていて、懐かしい、でも、ちょっとホラーちっくな不思議な空間を描き出しています。

ホラーが苦手な私でも、ヘーキで読みすすめられますので、ホラーちっくと表現しましたが、実在すると怖いですね。実在しない小説の世界だからこそ、楽しめるのだと思います。

個人的には、「ひかり猫」が一番好き。オチはそっちだったかっ!と、ちょっとやられた気分。そして、人は一人で生きてるわけじゃないのだと、心がきゅっとなります。

どの話もじーんとくるものばかり。友達にプレゼントしたくなる本ですね。夏におススメの1冊です。

« 体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食 | トップページ | 隅田川花火大会 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/49010731

この記事へのトラックバック一覧です: かたみ歌:

» かたみ歌/朱川 湊人 [◆小耳書房◆]
都電が走る東京下町の“アカシア商店街”。はずれの覚智寺近くのアパートに、目の出ない小説家志望の男は年上の女性との新しい生活のために越してきた。商店街のラーメン屋近くを通り過ぎたとき、刑事のようにラーメン屋を観察する若い男を見る。 芥川龍之介に似た古本屋の主人にそのことを話すと、そのラーメン屋でごく最近殺人事件があったとのこと。見かけた若い男は犯人なのか、刑事なのか…。(紫陽花のころ) 昔から身体の弱かった啓介は、知的でなんでもできる兄を慕っていた。アカシア商店街のあちこちに啓介がこの夏を越せずに... [続きを読む]

« 体脂肪計タニタの社員食堂 ~500kcalのまんぷく定食 | トップページ | 隅田川花火大会 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想