« 魚神 | トップページ | バッテリー »

2010年3月13日 (土)

神様のカルテ

Photo 記事のアップがずいぶんと遅れてしまいました。

話題の本、夏川草介氏の「神様のカルテ」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
神の手を持つ医者はいなくても、この病院では奇蹟が起きる。夏目漱石を敬愛し、ハルさんを愛する青年は、信州にある「24時間、365日対応」の病院で、今日も勤務中。読んだ人すべての心を温かくする、新たなベストセラー。第十回小学館文庫小説賞受賞。

久しぶりに、とてもいい本に出逢えました。この本を読みながら、地方都市の大学病院の救急で働く幼馴染を思い出しました。先日出張先でたまたまその病院の近くに行き、何年かぶりに幼馴染に会ったのですが、救急医療問題だけでなく、地域医療の問題や、そして大学病院という中の組織の話について、いろいろと話しました。それらのことが、この本の1冊に凝縮されており、現役の医師だからこそ書けた本なのだと思いました。

ここに出てくる登場人物が、みな、それぞれに個性があり、しかし、非常に人間らしい、まともな人たちだと思います。くるくると忙しく回り続ける中で、誰かが立ち止まって後ろを振り返ると、その人にぶつかって、混乱が増大していく様は、私達の忙しい日常生活を絶妙に表していると思いました。しかし、その中で、小さな心遣いが、どれだけの人の心を潤しているのか。

最近、とても忙しい生活を送りながらも、なんだかんだと精神的な余裕があると思っていたけれど、人の心まで潤せているのかな?と、振り返ったりしました。

主人公の奥様が非常にいい味を出していて、私は登場人物の中で一番好きです。忙しい毎日の中で、変わらない何かを求めているのは、人は同じようなものなのだと肯定される気持ちになりました。


« 魚神 | トップページ | バッテリー »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/47855493

この記事へのトラックバック一覧です: 神様のカルテ:

« 魚神 | トップページ | バッテリー »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想