« 心遣い~佐々木かをりさん | トップページ | 異業種競争戦略 »

2010年1月23日 (土)

夏子の冒険

Photo先日、函館に行ったのですが、函館が舞台となっている小説と言えば、三島由紀夫の「夏子の冒険」だと思い出し、読み返しました。

内容(角川より)
裕福な家で奔放に育った夏子は、自分に群がる男たちに興味が持てず、神に仕えた方がいい、と函館の修道院入りを決める。ところが函館へ向かう車中、瞳に情熱的な輝きを宿す一人の青年と巡り会う。傑作長編ロマンス!

運命の男は誰!? 冒険小説にして恋愛小説 幻の傑作長編、待望の復刊、新装版化!

芸術家志望の若者も、大学の助手も、社長の御曹司も、誰一人夏子を満足させるだけの情熱を持っていなかった。若者たちの退屈さに愛想をつかし、函館の修道院に入ると言い出した夏子。嘆き悲しむ家族を尻目に涼しい顔だったが、函館に向かう列車の中で見知らぬ青年・毅の目に情熱的な輝きを見つけ、一転、彼について行こうと決める。魅力的なわがまま娘が北海道に展開する、奇想天外な冒険物語!文字の読みやすい新装版で登場。

三島が書いている作品の中ではエンターテイメント性が高く、非常に読み易い作品で、万人受けしそうなものです。

復刊ということで、最近一部では話題になっているそうですが、私は三島作品を専門に扱う古書店でとても若い頃に購入し、「三島ってこんな作品も書いていたのね〜」と感激しました。「複雑な彼」と並ぶ、疲れているときに、でも楽しめる作品が読みたいと思うときに、手に取る作品です。ここしばらくは手にしていませんでしたが、函館に行ったため、「そうだ、夏子を読まなくちゃ!」と思い出したところです。

最近国内の出張がとても多いのですが、その土地ならではの作品を思い出すことが出来て、出張もますます楽しくなっています。

この小説、「えー、最後は結局こうなっちゃうの!?」と、毎回読む度に、結末を知っているのに思ってしまう作品。テンポよく話が展開していくので、結末はめでたし、めでたし、と、なるのかな〜と、思わせながら、ずっこけさせる天才的な作品です。

こうしていろいろな小説を乱読していますが、やはり私は三島がとても好きだと改めて思うこのごろです。


« 心遣い~佐々木かをりさん | トップページ | 異業種競争戦略 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/47379563

この記事へのトラックバック一覧です: 夏子の冒険:

« 心遣い~佐々木かをりさん | トップページ | 異業種競争戦略 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想