« リサイタル@松本記念音楽迎賓館 | トップページ | イタリアのヘンデルとその周辺 »

2009年10月15日 (木)

斜陽

Photo太宰治続きで「斜陽」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
敗戦後、元華族の母と離婚した“私”は財産を失い、伊豆の別荘へ行った。最後の貴婦人である母と、復員してきた麻薬中毒の弟・直治、無頼の作家上原、そして新しい恋に生きようとする29歳の私は、没落の途を、滅びるものなら、華麗に滅びたいと進んでいく。戦後の太宰治の代表作品。

この作品も15歳の夏に読んだ時には、「いったいこのお姫様はどうやって生きて行くわけ? ただのバカ!?」と思い、そう当時の日記に書き綴ってあったのですが(笑)、今回読んだときには違う感想を持ちました。もしや少しは大人になったという証拠でしょうか!?

今回読んだ時には、太宰ならではの「滅びの美学」なんだろうなぁ...これだけ誰かに想いを寄せることができるってすごいなぁ...と、心にしみてくることがありました。個人的には、愛しの三島由紀夫の方が滅びの美学路線としては好きなのですが、「いまの世の中で、一ばん美しいのは犠牲者です。」のくだりに、ぐっと来てしまいました。

女性の口調で書かれているこの作品、女性の観察力が鋭かった太宰ならではの作品だと思いました。

最近、太宰も悪くないなぁ...と思っています。でもやっぱり、三島はもっと好き(笑)


« リサイタル@松本記念音楽迎賓館 | トップページ | イタリアのヘンデルとその周辺 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/46502987

この記事へのトラックバック一覧です: 斜陽:

« リサイタル@松本記念音楽迎賓館 | トップページ | イタリアのヘンデルとその周辺 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想