« 舌の記憶 | トップページ | スミ・ジョー&モスクワ・フィル »

2008年11月11日 (火)

春になったら苺を摘みに

Photo先日絶賛した「西の魔女が死んだ」の著者、梨木 香歩さんのエッセイ「春になったら苺を摘みに」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
「理解はできないが、受け容れる」それがウェスト夫人の生き方だった。「私」が学生時代を過ごした英国の下宿には、女主人ウェスト夫人と、さまざまな人種や考え方の住人たちが暮らしていた。ウェスト夫人の強靭な博愛精神と、時代に左右されない生き方に触れて、「私」は日常を深く生き抜くということを、さらに自分に問い続ける―物語の生れる場所からの、著者初めてのエッセイ。

理解できないことでも、生き方や考え方を尊重する。

全編を通して、彼女の生き方そのものが伺えたエッセイでした。

ウェスト夫人の生き方は共感できる部分も多いのですが、私はまだまだそこまで人を受け入れられないなぁと思いました。

言葉の選び方や描写の仕方がとても優しく暖かいエッセイで、小説とは違った作品を楽しめました。冬の寒い寒い日に読みたくなるエッセイです。


« 舌の記憶 | トップページ | スミ・ジョー&モスクワ・フィル »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/43082238

この記事へのトラックバック一覧です: 春になったら苺を摘みに:

« 舌の記憶 | トップページ | スミ・ジョー&モスクワ・フィル »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想