« 晩嬢という生き方 | トップページ | 春になったら苺を摘みに »

2008年11月10日 (月)

舌の記憶

Photo_2脚本家の筒井ともみさんの「舌の記憶」を読みました。

内容(「BOOK」データベースより)
白玉を食べるのは夏の陽ざしの火照りが退き始めていく夕暮れどきだった。昭和30年代の世田谷。女優の叔母と、銀座育ちの洒落者の伯父、夫と別れる決心をした母―。てんでばらばらの「家族」だったけれど、「食」にまつわる記憶は、「少女」だった私の五感をくすぐって、やるせなさと愛おしさを呼び起こす。

幼い頃の思い出の食事は誰にでもあると思いますが、こうして春夏秋冬に分けて綴られた著者の食にまつわる思い出は、家族との密接な思い出を綴る本となって、食以上のものが描かれています。

おでん、おはぎ、ぶどう、様々な食の様子が描かれているので、とてもおなかの空く本でした。

私の思い出の食事は、ジャーマンポテトとたこ焼きとクレープ。

クレープの中には、チンジャオロースーが入っていたり、なかなかご飯を食べようとしなかった私になんとか食事を取らせるために、母が工夫していたのが思い出されます。

著者の思い出を読みながら、自分の思い出にふけられる本。もう少し歳を重ねてから読むともっと別の楽しみ方ができるなぁと思いました。


« 晩嬢という生き方 | トップページ | 春になったら苺を摘みに »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/43082295

この記事へのトラックバック一覧です: 舌の記憶:

« 晩嬢という生き方 | トップページ | 春になったら苺を摘みに »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想