« レット・バトラー(新編・風と共に去りぬ) | トップページ | P.S.アイラヴユー&セシリア・アハーン »

2008年7月 8日 (火)

パトリシア・プティボン

Photo最近はまっているフレンチ・コロラトゥーラソプラノのパトリシア・プティボン。

以前、ヨーロッパで仕事をしているときに、彼女の舞台を偶然見たことがあるのですが、そのときは、あまり記憶に残っていないのです。基本的に、自分と同じコロかレッジェーロ・ソプラノで、この人いいなって思った人は、ものすごくチェックを入れるので、気づかずにすごく残念。しかし、よく考えると、わずか数年でここまで成長できるのですから、それはそれで楽しみとも言えましょう。

つい先日NHK BSで彼女のコンサートをやっていたそうなのですが、それを見た先生から連絡があり、是非、彼女の研究をしなさい、似たような路線だと思うとのアドバイスを頂き、彼女の影像と録音を集め始めて、彼女の魅力にすっかりはまってしまっています。

彼女の十八番である"Je t'aime"はこのフレンチタッチというアルバムの中に入っているのですが、これがとってもとっても可愛くって、素敵。
Photo_2

この中に、今練習しているラクメの鐘の歌も入っているのですが、パトリシアよりもスミ・ジョーの方が私はこの曲に限って言うと好き。たぶん、私がパトリシアのように軽く歌ってしまうと、イタリア物が歌えなくなるので、もう少し重みを持って歌いたいなぁ...と思う。

聞き所は、オランピアのアリアとこのJe t'aimeです。Je t'aimeはホントにホントに可愛くって、最後のキスの音とかも、コンサートで真似したいなぁ...と思います。早速、楽譜をネットで探して、オーダーをかけました6週間後に到着予定なので、わくわくして待っているところです。

こうして、自分らしさを表現できる曲に出逢えた時が、歌手として成長できるポイントなのかもしれないなぁ...と思います。私にとっての大きな節目は、トゥーランドットのリューだったし、リリコからコロへ変わって行った時の、オランピアだし、その後の成長のきっかけになったのは、キャンディードのクンネゴネンネ。このJe t'aimeも私の成長の1つとなる曲なのではないかと、背中がぞくぞく(ざわざわ?)し始めています。

秋のコンサートでこの曲が歌えるといいなぁ...

パトリシア・プティボン、是非、聞いて見てください!


« レット・バトラー(新編・風と共に去りぬ) | トップページ | P.S.アイラヴユー&セシリア・アハーン »

」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/41780259

この記事へのトラックバック一覧です: パトリシア・プティボン:

« レット・バトラー(新編・風と共に去りぬ) | トップページ | P.S.アイラヴユー&セシリア・アハーン »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想