« 雨の牙のバリー・アイスラーに会う | トップページ | マリア・カラス オペラの歌い方 »

2008年5月24日 (土)

工作

Photo忙しい時ほど、仕事が入る。と、よく言われますが、本当だなぁ...と、しみじみ思う今日このごろ。

6月、7月と、コンサートのオファーがあったのですが、あいにくその時は海外出張のため、コンサートに出演できず。(涙)

しかし、秋のコンサートには出る予定で、それに向け、また準備を始めました。
#あまり時間の余裕は無いんだけどね...

ドニゼッティ続きで、「シャモニーのリンダ」と「ランメルモールのルチア」を始めました。

新しい曲を始めるときには、コロラトゥーラ・ソプラノなので、楽譜を工作しなければいけません。オリジナルの楽譜から、リッチをはじめとするカデンツァ集をベースに、カデンツァ部分をアレンジしていくのです。

ドタバタと出張をこなしながら、移動の公共交通機関の中で、プラスチックの角を使いながら、楽譜を切り抜き(はさみは飛行機の中には持ち込めないため)、セロハンテープでぺたぺた貼っているのは、何を隠そう、この私です。(全然隠してないか)

その成果物がこの写真。なかなかうまく張り込めていると、満足の出来です。

誰か、リッチのカデンツァ集でいいから(リッチに載ってないものは、自分で書き足しています)、一小節づつ選んでオリジナルの楽譜をクリックすると、カデンツァが自動的に挿入されて、それをプリントアウトするだけでOKっていうのを作ってくれないかなー。と、よく思うのですが、コロラトゥーラの人数を考えると、マーケットが成り立たないので、こうした原始的な手法が取られ続けるのですね。
#職業病ですぐにこういう計算をしてしまうので、自分で自分がイヤになります

この他、グノーのファウストから「宝石の歌」とか、ドリーブのラクメから「鐘の歌」とか、ロッシーニのセビリアの理髪師から「今の歌声は」などの練習を再開しました。これらも今後演目にいられるように、完成度高く仕上げて行きたいものです。


« 雨の牙のバリー・アイスラーに会う | トップページ | マリア・カラス オペラの歌い方 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/41298948

この記事へのトラックバック一覧です: 工作:

« 雨の牙のバリー・アイスラーに会う | トップページ | マリア・カラス オペラの歌い方 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想