« 大人の友情 | トップページ | こうふく あかの »

2008年5月 7日 (水)

こうふく みどりの

Photo_2西 加奈子さんの「こうふく みどりの」を読みました。

内容紹介(amazon.co.jpより)

「こうふく」二部作、二ヶ月連続刊行!
十四歳の緑が語る物語と、棟田さんという謎の中年女性が語る物語の、二つの物語で構成される本作は、
「女の生きる道」を大きなテーマとし、西氏にとって挑戦作ともいえる作品です。

最近とても話題になっている本のようで、あちこちの雑誌で書評を見かけます。出たばかりのころに買っていたのですが、なぜか今頃読んでいる私。

最近、仕事で疲れているのか、さらっと読めるもの以外に手を出そうという気がうせていて、万葉集を読み終わったあとは、とても薄い本ばかりを読んでいます。薄くて中身も無いとなると、「時間の無駄じゃぁ~」と叫びたくなるのですが、手のほうも私が叫ばないように気を遣っているのか、「さらっと読めて、しかしそれなりに考えさせる薄い本をゆかりに渡す」ミッションを達成し続けています。やるな、私の「手」。
#数箇所につみあがってる本を上から1冊ずつとっていくので、運が悪いと「中身の無い、面白くない」本に当たります。

さらっと読めました。さらっと読めたのですが、考えることや感じることが多くて、ある意味疲れる本でした。私の場合はトリップしすぎなのが疲れる理由なのですが。

14歳の緑の視点。あぁ、そうだな、若かったころはこんな感じ方をしてたよな。。。と、懐かしさがこみ上げてくると同時に、14歳の自分にトリップ。ちょうど設定が自分の家族(女ばかりの姉妹の家族)と似ているので、ますます当時の自分を思い出すことになってしまい、あのとき、自分の行動を姉の目で見直してみると、こういうことだったのかな。。。なぞと、考えてしまいました。

違和感を感じるのは、独白チックな棟田さん。せつなさのほうが多かったように思いました。

切ない、でも、暖かい。それは、自分の思い出や経験がついてくるものだから。

そんな本でした。次は赤を読みます。


« 大人の友情 | トップページ | こうふく あかの »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/40795011

この記事へのトラックバック一覧です: こうふく みどりの:

« 大人の友情 | トップページ | こうふく あかの »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想