« セ・シ・ボン | トップページ | 撤退の研究 »

2008年3月 6日 (木)

存在の耐えられない軽さ

Photo仕事などでバタバタしていたので、あまりゆっくり読める環境ではなかったのですが、ついつい手元にあったミラン・クンデラの「存在の耐えられない軽さ」を読んでしまいました。

内容(「BOOK」データベースより)
本書はチェコ出身の現代ヨーロッパ最大の作家ミラン・クンデラが、パリ亡命時代に発表、たちまち全世界を興奮の渦に巻き込んだ、衝撃的傑作。「プラハの春」とその凋落の時代を背景に、ドン・ファンで優秀な外科医トマーシュと田舎娘テレザ、奔放な画家サビナが辿る、愛の悲劇―。たった一回限りの人生の、かぎりない軽さは、本当に耐えがたいのだろうか?甘美にして哀切。究極の恋愛小説。 

哲学的な部分がもっと理解できると、さらにこの小説を楽しめるんだろうなぁ...と思いながらも、なんとも不思議な小説で、引き込まれてしまいました。

映画化もされているようですが、映画でこの内容すべてをカバーするのは、時間的制限もあるのでほぼ無理と思っていて間違いないでしょう。

性描写が話題になったようですが(友人がそういうことを言っていたように記憶しています)、私はトマーシュとテレザ、サビナなど、すべての登場人物が、肉体だけではなく、精神的にもつながっていっているところが、「人生」そのものを写し出していると思い、そちらの方に強く心を動かされました。

軽く読める小説でないのは間違いないのだけれど、たった1回限りの人生、どのように生きたい?と自分に問いかけながら、そして、ここに出てくる登場人物がバラエティーに富んでいて、自分の考えを反映させながら答えを探していけるので、知的に面白かったです。

(総合評価:★★★★★ こういう小説は好き。高校の哲学の教科書を引っ張りだしてきて、勉強しなおしてからもう一度読み直したい。時間に余裕のあるときに、読みなしたいなぁ.... 今日はバタバタだった)


« セ・シ・ボン | トップページ | 撤退の研究 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/40401371

この記事へのトラックバック一覧です: 存在の耐えられない軽さ:

« セ・シ・ボン | トップページ | 撤退の研究 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想