« 復活に必要なモノたち-食べ物編 | トップページ | カラマーゾフの兄弟 (光文社古典新訳文庫) »

2008年1月31日 (木)

ビクトル・ユゴー レ・ミゼラブル

Photo_4DIVAの森川社長が毎日新聞の引用句辞典「格差拡大社会」(仏文学者 鹿島茂氏による文)がすごく良かったと教えてくれました。「富の増大と公正な配分は永遠に両立できない?」とビクトル・ユゴーのレ・ミゼラブルからの引用をベースに議論を展開しています。

ビクトル・ユゴーは詩人、小説家として知られていますが、政治家でもあった人。高校のフランス文学の授業で、その人となりのリサーチペーパーを書かさせられ、彼の書物を大量に読んだ記憶があるものの、レ・ミゼラブルと格差社会は頭の中でつながっていなかったので、この記事を読んで、早速、レ・ミゼラブルを読み直す。 

すごく奥深い小説で、民主主義社会の中で、富の分配をどうすればいいのかを考えさせられる。
#落ちているときに読む小説としては最適ですわ。だって、自分の悲しみがとってもちっぽけなモノに思えてくるし、悲しみを掘り下げた後は、let it go。忘れるしか無いのだから。他に考えることがあるのはいいことだ。

法律と風習とによって、ある永劫の社会的処罰が存在し、かくして人為的に地獄を文明のさなかにこしらえ、聖なる運命を世間的因果によって紛糾せしむる間は、すなわち、下層階級による男の失墜、飢餓による女の堕落、暗黒による子供の萎縮、それら時代の三つの問題が解決せられない間は、すなわち、ある方面において、社会的窒息が可能である場合は、すなわち、言葉を換えて言えば、そしてなおいっそう広い見地よりすれば、地上に無知と悲惨とがある間は、本書のごとき書物も、おそらく無益ではないであろう。

序でこうはじめるあたり、レ・ミゼラブル(みじめな人々)が決して無益なわけではないと問いているのでしょう。

人類はただ一つである。人はすべて同じ土でできている。少なくともこの世にあっては、天より定められた運命のうちには何らの相違もない。過去には同じやみ、現世には同じ肉、未来には同じ塵(ちり)。しかしながら、人を作る揑粉(ねりこ)に無知が交じればそれを黒くする。その不治の黒色は、人の内心にしみ込み、そこにおいて悪となる。

無知こそが人間を犯罪者にする。真理だと思うけれど、知ることだけでなく、それを考えることがもっと大事なんだと思う。

...など、書き出していくと、考えるべきことが凝縮されている本だなぁと改めて思う。

社会主義vs民主主義。メリット・デメリットあるわけだし、私は民主主義の中で育ったから、民主主義以外の社会で生きることを考えたことはなかったけれど、民主主義の悪い点だってあるわけで、それをどうすべきなのか? とってもマクロな話だけれど、考えてみるって大事なことだと思う。

« 復活に必要なモノたち-食べ物編 | トップページ | カラマーゾフの兄弟 (光文社古典新訳文庫) »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/17909227

この記事へのトラックバック一覧です: ビクトル・ユゴー レ・ミゼラブル:

« 復活に必要なモノたち-食べ物編 | トップページ | カラマーゾフの兄弟 (光文社古典新訳文庫) »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想