« エンタメ三昧2007年総括 | トップページ | リトル・ブリテン »

2008年1月 1日 (火)

ベートーヴェンは凄い!「全交響曲連続演奏会」2007

Photo後輩T氏に誘われ、体力のあるうちにチャレンジしようと、「ベートーヴェンは凄い!「全交響曲連続演奏会」」を大晦日の午後2時から東京文化会館で観てきました。終了は元旦午前1時頃。約11時間、ベートーヴェン漬でした。

■指揮:小林研一郎
■ソリスト: ソプラノ 菅 英三子、アルト 坂本 朱、テノール 佐野 成宏、バリトン 青戸 知
■管弦楽:イワキオーケストラ (コンサートマスター:篠崎史紀)
■合唱:武蔵野合唱団

Ca39008011時間ともあり、かなりしんどいのではないかと心配していたのですが、(そして私は狭いところに長時間じっとしていることができない閉所恐怖症の気があります)インターミッションが適切な長さでふんだんにとられていたため、思った以上に辛くありませんでした。余力ありまくりで、音楽を心から楽しむことができました。

気になったのは第一番。音が少し低めでスタート。ベートーヴェンで年末だから!?とかおもいながら、しかもオケがぴったりあってる感がなくて、このまま大丈夫なのか!?と少々心配になる。

しかし、第二番に入るころには、だいぶオケもあってきていて、心配は解消される。
あぁ、いい音楽だっ!と浸れるところまでくる。

第三番、英雄。第2楽章の「葬送行進曲」もしみじみ感よりも、英雄に流れるスケールの大きさや圧倒感がある。うん、すごくいい!!!

ここで長めのインターミッション。三枝成彰さんとオーケストラのメンバーのお話。ベートーヴェンは弾くのが困難な作品と言われているが...というやり取りの中で、チェロやコントラバスは、6番と9番は弾けなくてごまかしているとのこと。どこだろう!?

第四番、ここで、弦楽器の人たちの指がよく動いていることに感動する。私もひよっこですが音楽をやっている身。これだけの長い時間(インターミッションが入るとはいえ)、弾きっぱなしなのに、しかもベートーヴェンの交響曲なのに、なぜ指がつらない? すごい、やっぱプロだよ!と感動。
#すいません、変なところに感動して。

第五番、運命。フォルテとピアニッシモの差がすごくいい。「運命は扉をたたく」というけれど、本当にノックしているように聞こえる。ベートーヴェンの交響曲のすごいところは、存在しないはずの音が聞こえること。私は人の声が聞こえる。空耳と分かっていても、運命を感じる。

第六番、田園。第二楽章は小鳥のさえずりが聞こえてくるし、第四楽章の嵐を経て、第五楽章の澄み切った晴れやかな情景が目に浮かぶ。第五、第六と続けて演奏だったので、高揚した気持ちがどんどん落ち着いていくのが分かる。

第七番。一番好きな第七番。2007年はのだめかんだーびれのドラマでもこの曲が使われたので、耳なじみの良い曲になっているとおもう。第二楽章はある方のアルバム(声楽)にはいっていて、私もいずれは歌いたいとおもっています。七番までいってるから、こばけんがへろへろになるんじゃないかと心配していたのですが、五番以降どんどん盛り上がっていって、サイコーでした。

第八番。小作品であるこの曲は七番で盛り上がった後のクールダウンとしてはいい曲です。こばけんがへろへろになっていたので、かなり心配。七番で力を使いすぎたか!?

ここで2度目の三枝氏のお話。コンサートマスターの篠崎史紀氏と一緒に、ベートーヴェン以前と以後のクラシックについてのお話でした。ベートーヴェン以前は、消費の音楽。ベートーヴェンが音楽を芸術にした、というお話。バッハもモーツアルトも消費の音楽。100年後に音楽が残っていることを考えずに、特定の人のためにだけ書いたもの。サラリーマン音楽家というお話。ベートーヴェンは音楽は芸術だといい、100年後に残す音楽を作った。だから、音楽の種類が全然違う...とのこと。私は、ベートーヴェン以前ばっかり歌っているので、なんとも居心地悪かったのですが、なるほどとおもう点はいろいろとありました。こういう「会話」があるのがこのコンサートのいいところです。

第九番。有名な合唱付きの、第九。会場中が沸き立つような盛り上がり方で、年末だぁ〜という気分になりました。本当にこんなに盛り上がる年末は初めてです。

午前12時45分、演奏終了。15分にわたる割れんばかりの拍手の中、「ベートーヴェンは凄い!「全交響曲連続演奏会」」は終了しました。

感動です。こんなにすごいコンサートが年をまたいで聞けるとは! Tさん、さそってくれてありがとう!


そして、指揮者の小林研一郎さん、イワキオーケストラの皆様、武蔵野合唱団の皆様、すばらしい音楽をありがとうございます。きっととてもお疲れになったこととおもいます。どうぞゆっくりとお休みいただけるように、お祈りしております。

Ca390082帰りに、祝い酒が振る舞われていました。お持ち帰りですが、スポンサーの1社である田苑酒造株式界社からのプレゼントでした。

(総合評価:★★★★★ 1年のいいスタートが切れそうです!)

« エンタメ三昧2007年総括 | トップページ | リトル・ブリテン »

イベント」カテゴリの記事

コンサート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/17541128

この記事へのトラックバック一覧です: ベートーヴェンは凄い!「全交響曲連続演奏会」2007:

« エンタメ三昧2007年総括 | トップページ | リトル・ブリテン »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想