« ボーン・アイデンティティー | トップページ | 決算書の暗号を解け! »

2007年11月 4日 (日)

リコーダーとリュートの旅

「リコーダーとリュートの旅~スペインからイタリア、そしてイギリスへ~
古い楽器で楽しむ16-18世紀の音楽@コンフィチュールエプロバンス 銀座本店
リコーダー 中川つよし氏、リュート 坂本龍右氏

よく行くコンフィチュールエプロバンス銀座本店で、初めてコンサートが開かれるということで、そして、バロック音楽が好きなこともあり、行ってきました。

リュートの生演奏を生まれて初めて聞きました。リュートは思っていた以上に軽い楽器で、こんな軽さなのに、なぜこんな音が出るのだろう?と不思議に思ったほどです。

1700年ごろのイギリスのイギリスのグラウンド、作者不詳の「グリーンスリーヴスによる変奏曲」はすばらしかったです。どこか懐かしくなるような旋律。いったいどこで聞いたのだろうと記憶の糸を手繰るものの、結局は分からずじまい。懐かしく、でも胸が苦しくなるような曲でした。

坂本さんはご両親がダンスリールネサンスの演奏家だそうで、リュートのケースがゆりかご代わりだったらしく、体に音楽がしみこんでいて、譜面なしで弾いてしまっているそう。すごいです。

これを機会に、古楽器の曲をもっといろいろと聞いてみようと思いました。

主な曲目:
・D.オルティス(ca.1510-1570):
  「甘き思い出」に基づくレセルカーダ
・G.P.チーマ(ca.1570-1630):
   ソナタ ニ短調
・Ch.F.デュパール(ca.1667-ca.1740):
   サラバンド、ガヴット、メヌエット(組曲第1番 イ長調 より)
・作者不詳:
   グリーンスリーヴスによる変奏曲
・A.パーチャム(fl1700): (この1曲のみ残っている作曲家だそう)
   ソナタ(ソロ)ト長調
・G.F.ヘンデル(1685-1759):
    ソナタ イ短調 作品1-4

(総合評価:★★★☆☆)

« ボーン・アイデンティティー | トップページ | 決算書の暗号を解け! »

コンサート」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/500937/16978401

この記事へのトラックバック一覧です: リコーダーとリュートの旅:

« ボーン・アイデンティティー | トップページ | 決算書の暗号を解け! »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想