« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月

2007年9月30日 (日)

ボレロ

スペイン国立バレエ団のボレロとラ・レジェンダを観に行きました。

お気に入りのバレエ団でここ5,6年は必ず毎年見ています。
クラシックバレエではなく、スペイン舞踊が専門で、ホアキン・コルテスなどの著名ダンサーを育てたことでも有名です。

ボレロといえば、ベジャールの代表作。その後、世紀の名ダンサーたちによって踊り継がれていて、個人的には、マイヤ・プリセツカヤやジョルジュ・ドンやシルヴィ・ギエムあたりのが好き。ベジャールといえば、森下洋子が躍ったライトもよかった(あ、話がそれた)。

今回のボレロは、どういう風なんだろうとちょっとわくわく。

たったひとりで広い舞台を縦横無尽に踊る男性ソリスト。
真っ黒な衣装の男性ダンサーたちの繰り広げるサパテアード。
真赤な衣装で舞台いっぱいに広がる女性ダンサーたち。

シンプルだけどダイナミック。

最後は燃えるような舞台で幕。鏡の使い方もうまい。

うーん、やるな。
という舞台でした。

フラメンコを見るのが好きな人にはお勧めの舞台です。
(総合評価:★★★★★ (大好きなバレエ団だから評価は甘め!?))

2007年9月21日 (金)

天才と狂人の間

51wrbogxful_aa240_ 最近いろいろあるので杉森久英の直木賞受賞作「天才と狂人の間」を読み直しています。

弱冠二十歳にして書いた長編小説「地上」がベストセラーになり、時の人となった島田清次郎の生涯がベースです。当時は関係者が存命だったため、一部は脚色されているとのことですが。

少年時代から、自分を天才だと信じた島田は、「地上」で脚光を浴びることによって、さらに傲慢で尊大、妄想的な自尊心を募らせてゆき、絶頂の時に起こしたスキャンダルでマスコミに叩かれ、精神病を発病し、死んでしまいます。

誰の心の中にもある「高慢心」。

自分の心の中にもある。

いろいろあるときだからこそ、気をつけよう。

それにしても昭和37年に出版されている版しか手元にないので、とても読みにくいです。
(総合評価:★★★★☆ 自分を戒めるためには必要な本)

2007年9月 6日 (木)

ルチアーノ・パバロッティさん追悼

尊敬するオペラ歌手のルチアーノ・パバロッティさんが死去されたそうです。

昨年の手術からずっと回復をお祈りしていたのですが、本当に残念です。

何度か舞台を見に行かせていただきました。

彼の連隊の娘のHigh Cは素晴らしかった・・・

明るい甘い声が本当に素敵で、イタリアオペラにぴったりな方でした。

ご冥福をお祈りいたします。

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

秋山ゆかりについて

講演のお知らせ

  • 2015年1月14日(水)午後5時~8時「理工系女子による理工系女子のためのキャリア戦略講座」@人材研究所セミナールーム
    お申込みは、こちらから
    2015年1月16日(金)午後5時~@明治大学

コンサートスケジュール

  • 2015年2月7日(土)自主企画コンサート「数学×音楽!?~数学がひも解く音楽のヒミツ~」午後1時半~@JTアートホールアフィニス(虎の門)チケット4000円

CDのご案内

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想